やまちちのさとり
『山父のさとり』

― 徳島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに一人の桶屋(おけや)がおったそうな。
 雪の降った朝、桶屋が外に出て桶を作っていると、山の方から、一つ目一本脚の、恐ろしげな怪物がやって来て、仕事をしている桶屋の前に来て立ったそうな。
 桶屋は、それを見て、ふるえながら、
 「これが昔から話に聞いている山父(やまちち)というものだな」
と思ったと。
 すると、その怪物は、太いおそろしげな声で、
 「おい桶屋、お前は今、これが山父というものだろう、と思っているなぁ」
と、言い当てた。桶屋は、
 「こりゃあ大変だぁ、こっちの思ったことをさとってしまうらしい」
と思っていると、また、

山父のさとり挿絵:かわさき えり
 「おい桶屋、お前は今、思っていることをすぐにさとられてしまうから大変だ、と思ったなぁ」
と言って、ニヤッと笑ったそうな。
 桶屋は、ますます恐(こわ)くなって、
 「もう何も思うまい、考えまい、早(は)よう去(い)んでくれ」
と、思わず、思ってしまった。

 すると、怪物は、ますます嬉(うれ)しそうに、
 「おい桶屋、お前は今、もう何も思うまい、早よう去ね、と思ったなあ」
と言って、ニタリニタリ笑ったと。
 それから後も、何も考えまいとするけれども、つい何んやかやと考えてしまい、山父に全部さとられてしまう。
 桶屋は、ほとほと困ってしまった。そのうち、頭がジーンとしびれポケーとしてきた。おまけに山父のおそろしさと、寒いのとで、ぶるぶるふるえが止まらなくなった。
 思わず知らず、かじかんだ手が滑(すべ)って、作りかけの桶のタガの竹の端(はし)が前へ走り、山父の顔をパチンと打った。
 さあ、山父はこれにはびっくりぎょうてん。
 「いやぁ、人間というやつは、時々、思ってもいないことをするから恐い。ここにいるとどんな目にあうかも知れない。恐ろしや、恐ろしや」
と言って、一本脚でピョンコ、ピョンコ、山の方へ逃げて行ってしまったそうな。

 昔まっこう猿まっこう 猿のつびゃあ ぎんがり ぎんがり。

山父のさとり挿絵:かわさき えり

徳島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

あとかくしの雪(あとかくしのゆき)

あとかくしの雪(あとかくしのゆき)

とんと昔があったげど。ある冬の夕方、雪のふりつもった里の村に旅の坊さまがやってきた。腹(はら)をすかせ、とぼらとぼら歩きながら、一軒(いっけん)一軒…

この昔話を聴く

馬追鳥(うまおいどり)

馬追鳥(うまおいどり)

昔、あるところに七つと十ばかりになる兄弟がおったそうな。母親が死んで、まもなく継母(ままはは)が来たと。継母は性(しょう)のきつい人で、二人を山へ芝刈りにやったり、畑へ肥(こ)え桶(おけ)を運ばせたり、谷川へ水を何度も汲(く)みに行かせたり、朝から晩まで働かせたと。

この昔話を聴く

現在606話掲載中!