きつねとたぬきのばかしあい
『狐と狸の化かしあい』

― 徳島県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 とんと昔もあったげな。
 狐(きつね)と狸(たぬき)とあったげな。昔から、
 “狐は千年昔のことを識(し)り、狸は三日先のことを知(し)る”
ということだそうな。
 あるとき、狸が山道を通(とお)っていたら狐と出逢(お)うたそうな。

徳島の民話【狐と狸の化かしあい】挿絵1挿絵:かわさき えり
 


 「やあ狐どん、どこへ行きよるんなら」
 「ちょっと遊(あそ)びに行きよる。狸どんは何しよるんなら」
 「おら、何ちゃせん。ええことないかなあとただ歩きよる」
 「ふうん。そんならちょうどええ。狸どんよ、おれ一遍(いっぺん)お前と化(ば)かし合いをしたいと思っとった。どうだ、ひとつやってみんか」
 狐がそういうと狸は、
 「ああ、ええよ。そんならいい出しっぺのお前が先にやってみいや」
というた。


 「いやいや、先は狸どんにゆずる」
 「なんの、やっぱり狐どんじゃろ」
 「いや狸どんやれ」
と、両方(りょうほう)ですすめ合いしとったが、そんならくじ引きにしようということになり、枯枝(かれえだ)の長いのと短(みじか)いのとを拾(ひろ)うて引いてみたら、狐が先に化けることになったと。
 そこで狐がデングリをうつと、きれいな娘(むすめ)になった。髪(かみ)の毛(け)にカンザシ差(さ)して、黄八柄(きはちがら)の着物(きもの)まで着とる。狸は、
 <こりゃあ、おらより数段(すうだん)化けがうまい>
と舌(した)を巻(ま)いたが、負(ま)けるわけにはいかん。
 「上手(じょうず)に化けよるが、尾(お)っぽが見える」
というてやった。


 狐は化けを解(と)いて元の狐に戻(もど)った。
 そして、
 「いやあ恥(は)ずかしいところを見せちまった。狸どん、お前は昼でも尾っぽが出んように化けられるんか」
ときいた。狸は、
 「うん、化けられる。しかし、おらが娘に化けるとどうしても肥(こ)えた娘になっちまう。それよりおらは殿(との)さんの行列(ぎょうれつ)に化けて見せてやる」
というた。狐が細(ほそ)い目を丸(まる)くして、
 「それはすごい。ぜひ見てみたい」
というと、狸は、
 「殿さんの行列に化けるには、ちいっと手間暇(てまひま)がかかるんだ。今すぐというわけにはいかん。今日と明日はせわしいから、明後日(あさって)この下の街道(かいどう)で待ちよれよ。きっと殿さんの行列に化けて見せてやるから」
というて、別(わか)れたと。


 今日、明日も暮(く)れて明後日になった。
 狐は約束(やくそく)した山の下の街道で、今か今かと待っていた。来た。
 「下にぃ、下にぃ、下におれぇ」
というて、殿さんの行列がやってきたと。
 行列は、先ぶれが通る、槍(やり)持ちが通る、挟箱(はさみばこ)を担(かつ)いだのが通る、そして大勢(おおぜい)の侍(さむらい)に囲(かこ)まれてお駕籠(かご)に乗(の)った殿さんが通った。それはそれは立派(りっぱ)な行列だったと。
 あんまり見事(みごと)なもので、狐はつい街道に飛び出し、行列の前を横ぎったり、中に入(い)りまじったりして、
 「狸どん、ようやる。本物と違(ちが)わん」
というて、ピョンコ、ピョンコ跳(は)ねて喜(よろこ)んだ。


 そしたらなんと、お供(とも)の侍に首(くび)をスポーンとはねられてしもうたと。
 行列は、本物の殿さんの行列であったと。
 狸は、三日先の殿さんの行列を知っておったと。
 
  むかしまっこう、猿(さる)のつぎゃぁぎんがりぎんがり。

 
徳島の民話【狐と狸の化かしあい】挿絵2挿絵:かわさき えり

徳島県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山伏とキツネ(やまぶしときつね)

山伏とキツネ(やまぶしときつね)

むかし。あちこちの山を巡り歩いて修行(しゅぎょう)をするひとりの山伏(やまぶし)がおった。ある日、野原を通りかかると、道端(みちばた)で一匹のキツネ…

この昔話を聴く

仙人の碁打ち(せんにんのごうち)

仙人の碁打ち(せんにんのごうち)

むかし、長野県の菅平(すがだいら)のふもとの仙仁(せに)という集落に、太平さんという樵(きこり)が住んでいたと。ある日、山で木を切っていると、ぼやの…

この昔話を聴く

現在663話掲載中!