においのだいきん
『においの代金』

― 東京都 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある町にえらくケチな男が住んでおったと。
 飯を食うにも梅干をじいっと見て、酸っぱいつばがわいてきたら、いそいでご飯をかきこむ、というぐあいだったと。
 ところが、毎日毎日、梅干ばかり見ているもんだから、そろそろ飽きがきて、たまには変わったもんで飯が食いたくなったと。
 あるとき、何ぞいいもんはないかと町を歩いていると、向こうからぷーんと香ばしい匂いがして来た。うなぎ屋が店先で蒲焼き(かばやき)を焼いておったと。

においの代金挿絵:かわさき えり
 男は、急いで家に戻ると、どんぶり飯と箸(はし)とを持って、うなぎ屋にとって返し、その店先で、くんくん匂いをかぎながら飯を食い出したと。

 これを見ていたうなぎ屋の主人が、
 「そこのお客さま、お代をいただきやす」
と言うた。男は、
 「わしは、うなぎなど食うておらんぞ。匂いをかいでおるだけじゃ」
と言うと、店の主人は、
 「へえ、ですから、そのにおいのお代をいただきとうございやす」
と言うて、こちらもなかなか、たいしたケチぶりだ。
 「よし、分かった。そこまで言われて払わなかったら、こちらの男がすたるというもの。払いましょう」
 男はふところから財布(さいふ)を出したと。
 店の主人が手を出すと、
 「ほーれ、今から払うから、よーく聞けよ」
と、こう言うや、財布の中の小銭をかきまわして、
 「チャリン、チャリン」
と、音をたてたと。そして、
 「おやじ、においの代金は、音で払ったぞ」
 こう言うたと。

img_02挿絵:かわさき えり
おしまい チャンチャン。

東京都
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿聟入り(さる むこいり)

猿聟入り(さる むこいり)

昔あったと。あるところに爺(じ)さと娘三人とがいてあったと。あるとき爺さが山の畑で種豆(たねまめ)をまいていたら腰(こし)を痛(いた)めてしまった。

この昔話を聴く

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

現在628話掲載中!