1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 鳥取県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

鳥取県の昔話(全8話)

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん)

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん)

むかし、あるところに大きな寺がありましたと。その寺では、なにかと事(こと)のあるときに、いつでもご馳走(ちそう)が檀家(だんか)から持ってこられて、…

この昔話を聴く

雀とキツツキ(すずめときつつき)

雀とキツツキ(すずめときつつき)

むかし、雀(すずめ)とキツツキは人間だったってな。ある時、雀のおっ母さんの具合(ぐあい)が悪うてなあ、使いの者が・・・

この昔話を聴く

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば)

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば)

とんと昔。ある村に爺さまと婆さまが暮らしてあった。婆さまが木綿(もめん)の布を織り、爺さまが町へ売りに行っていたと。

この昔話を聴く

猿に盗られた嫁さん(さるにとられたよめさん)

猿に盗られた嫁さん(さるにとられたよめさん)

昔、あるところに山(やま)の家(いえ)があって、猟師(りょうし)と嫁さんが一匹の犬と暮らしてあったそうな。ある日、猟師が犬を連(つ)れて猟に出かけた…

この昔話を聴く

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ)

爺と猿と猫と鼠(じいとさるとねことねずみ)

むかしむかし、あるところに爺(じい)と婆(ばあ)が住んでおったと。二人は、婆が木綿(もめん)を機織(はたお)り、爺がそれを町へ売りに行って暮(く)ら…

この昔話を聴く

湖山長者(こやまちょうじゃ)

湖山長者(こやまちょうじゃ)

むかし、因幡(いなば)の国(くに)、今の鳥取県に湖山長者という大層欲深かな長者がおったと。長者の田んぼは千町もあって、その田んぼを一日で植えるしきた…

この昔話を聴く

絵姿女房(えすがたにょうぼう)

絵姿女房(えすがたにょうぼう)

むかし、あるところに山の木こりがおって、とっても器量良しの娘をもらったそうな。好いて好いてこがれてもらったので、ちょっとの間も離れることが出来ん。仕…

この昔話を聴く

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび)

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび)

むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)で、とても話の好きな婆(ば)さまが住んでおられたそうな。その隣には、彦八(ひこはち)といって、こちらは…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子