じぶんのあたまをくったへび
『自分の頭を食った蛇』

― 鳥取県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)で、とても話の好きな婆(ば)さまが住んでおられたそうな。
 その隣には、彦八(ひこはち)といって、こちらは、めっぽう話上手(はなしじょうず)の貧乏男が住んでいたそうな。
 婆さまは、この男の姿を見かけるたびに、
 「彦八、話をしておくれや」
と、せがんでおった。
 

 あるとき、また、婆さまが話をせがむと、彦八は、
 「話してもええよ。話は話すけえども、わしの話に、いちいち、あんたが『そりゃあ嘘だ、そりゃあ嘘だ』っておっしゃっては、話してみたところで面白うない。あれをやめてくれたら、話しますだ」
と、こう言ったそうな。そしたら婆さまは、
 「いや、言わん。それは言わん。言わんつもりだけれども…。そうだ、こうしょう。ここに千両箱を置いといて、もしも、その言葉を言うたなら、千両をみなおまえにやってもええ」
と、約束した。
 そう言う事なら話してもええと、彦八は話しはじめた。
 

 「むかし、クチナワっていう蛇が、冬になると、餅石(もちいし)というものを持って穴ごもりをしとったが、冬が長(なご)うて、餅石は食べてなくなってしもた。穴の口からのぞいて見ても、雪が、たんと積もっておって出ることならん。
 いつもの年なら、餅石がなくなる頃には雪が消えるものなのだが、その年に限って雪は消えん。 クチナワは、腹は減るし、困っておった。しかたないから、首をクリッとまわして、自分の尻尾をチョキッと食った。

 

 挿絵:かわさき えり
 

  翌日も雪がまだまだある。腹が減ってしかたないから、また、首をクリッとまわして、自分の尻尾をチョキッと食った。
 こうして、とうとう首だけになったそうだ」
 彦八が、いったん、話をここで止めると、婆さまは、口(くち)をもごもごしとる。
 そんな婆さまをチラッと見た彦八は話を続けた。
 「クチナワの頭は、『おらの身体も、いよいよ淋しいことになったもんだ』ちゅうて、なげいとったけど、なんと、自分の頭まで、スポ-ンと、食ってしまったそうでござんすわい」
と、話したから、婆さまはあきれかえって、思わず言うてしまった。
 「何んと彦八、そりゃあ嘘ではないかや」
 「はい、ありがとうござんす」 

 彦八は、まってましたとばかりに、千両箱をかついで、とっとと去ったそうな。

 昔こっぽり 

 
挿絵:かわさき えり
 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

お菊ののろい(おきくののろい)

お菊ののろい(おきくののろい)

むかし、上州(じょうしゅう)、今の群馬県沼田(ぐんまけんぬまた)というところに、小幡上総介(おばたかずさのすけ)という侍(さむらい)がおったそうな。

この昔話を聴く

狐の倉(きつねのくら)

狐の倉(きつねのくら)

むかし、あるところにひとりの男がおったと。男が荒地(あれち)を畑にしようと掘り起こしていたら、鍬(くわ)が思いっきり石を叩(たた)いた。「しもうた」…

この昔話を聴く

現在593話掲載中!