おしょうとこぞうばなし くったくわん
『和尚と小僧話(食った食わん)』

― 鳥取県東伯郡 ―
語り 井上 瑤
話者 岡田 幹子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに大きな寺がありましたと。
 その寺では、なにかと事(こと)のあるときに、いつでもご馳走(ちそう)が檀家(だんか)から持ってこられて、仏(ほとけ)さんに供(そな)えられていましたと。
 その日も、とってもおいしそうな小豆(あずき)入りのアンコロ餅(もち)が仏さんに供えてあったそうな。


  和尚(おしょう)さんが、
 「小僧(こぞう)や、小僧や。こんなは(これは)、わしが戻ってから食べるけな、そのままにしとけいよ」
と言っといて出られた。ところが、和尚さんが帰ってみるとアンコロ餅がない。
 「ありゃ、食べずにおいとけって言ったに、小僧、お前食べてしまったな」

 「食べりゃしませんぜ。本尊(ほんぞん)さんが食べられましたで」
 「本尊さんが食べられるっちゅうことがあるもんか」
 「でも、本尊さんの口の縁(へり)に、いっぱいアンコがついとりますわ」
 和尚さんが見られたところが、ほんに本尊さんの口の縁に、いっぱいアンコがついとる。


鳥取の民話【和尚と小僧話】挿絵1挿絵:かわさき えり

 「見なはんしな(ご覧なさい)。食べとられましょうがな」
 「ウーン、そだなァ。そおんことがあるもんだかなぁ」
 「ならまあ、これ煮(に)てみなはんせ」
 和尚さんも人がええだけ、その本尊さんを大きな釜(かま)に入れて煮られなさった。そしたところが、クッタ、クッタ、クッタ、クッタって、煮え出いたや。
 「見なんせえ、和尚さん。食った、食った言われますがな。本尊さん、食われたんは本当のふうですぜ」
 「ウーン、本尊さんだけに、にわかには信じがたいが…確(たしか)にそう聞こえる。これ本尊さん、なぜにそんな行儀(ぎょうぎ)の悪いことをなされた」
と言って、和尚さん、仏さんの頭をゲンコツで叩(たた)かれた。
 そうしたところが、クワーン、クワーン、って、音がした。
 「見い、小僧。食わん、食わん、言われるがな」

こう言われまして和尚さん、仏さんの頭をなで、かえす手で、小僧さんの頭にゲンコツを食らわしなさったそうです。

 むかしこっぷり。


鳥取の民話【和尚と小僧話】挿絵2挿絵:かわさき えり

鳥取県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

梢で啼く烏(こずえでなくからす)

梢で啼く烏(こずえでなくからす)

むかしあったと。烏(からす)は元々悪たれな鳥だったと。人が丹精(たんせい)かけて蒔(ま)いた種子(たね)を掘り返したり、藁屋根(わらやね)の破風(は…

この昔話を聴く

屁っぴり爺(へっぴりじい)

屁っぴり爺(へっぴりじい)

むがしあったぞん。あるところに善い爺ちゃと、婆ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨の悪い爺と婆がいた。ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴を刈っていたら・・・

この昔話を聴く

現在642話掲載中!