すずめときつつき
『雀とキツツキ』

― 鳥取県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、雀(すずめ)とキツツキは人間だったってな。
 ある時、雀のおっ母さんの具合(ぐあい)が悪うてなあ、使いの者が、
 「雀や、雀や。おっ母さんが病気(びょうき)で、せつないけ、早うきてごぜ」
言うて、行ったらなあ、雀はおはぐろつけとったところで、口の縁(ふち)が黒うなっとったのにそのまま飛んで行っただって。

 そしたらおっ母さんが喜(よろこ)んでなあ、
 「お前は、口をすすぐ間も惜(お)しんで、飛んできてくれたけえ、一生(いっしょう)、瓦(かわら)の屋根(やね)に住まいして、瓦の屋根に遊んで、死ぬまで米を食わしてやるけんなあ」
 ちゅうて言いおいて、おっ母さん死んでいかれたって。

 
鳥取の民話【雀とキツツキ】挿絵1挿絵:かわさき えり

 あるとき、キツツキのおっ母さんも病気で、
 「お前のおっ母さんも病気でせつないので早うきてごぜ」
って、使いの者をやったらな、キツツキは髪結(かみゆ)いさんに行って、髪を結って、化粧(けしょう)してええ着物(きもの)を着て行った。
 そしたら、おっ母さんはもう死んじゃっとったって。
 「おれがこれ程せつないのに、あの子は大方(おおかた)、手間(てま)を入れて化粧したり、着物を着替えたりしとつに違(ちが)いないけ、こう伝えてくれ。
 『毎日、取っても取れんでも、虫を三匹取って、二匹は仏(ほとけ)さんに供(す)え、一匹は自分が食うように。なんぼ虫がおらんでも、三匹取らんと寝(ね)られんけえな』。」
 ちゅうて言いおかれた。

鳥取の民話【雀とキツツキ】挿絵2挿絵:かわさき えり
 それで、雀はきたなげな着物を着て、黒い口をしてるけど、瓦の屋根にネ寝泊(ねとま)りして、米を食っとるんもんだ。
 キツツキは美しい着物を着て、真赤(まっか)な顔をしとっても、毎日頭が痛(いた)くなる程、木をつついて、三匹取らんと寝られんのだって。


 むかしこっぽり。

鳥取県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

江差の繁次郎「とんだ大漁」(えさしのしげじろう とんだたいりょう)

北海道(ほっかいどう)の江差(えさし)といったら、春先にはニシン漁で夜も昼もないほど賑(にぎ)わったものだ。「ニシン群来(くき)」というて、ニシンが…

この昔話を聴く

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ)

山のネズミと町のネズミ(やまのねずみとまちのねずみ)

むかし、あるところに山のネズミがあった。山のネズミの食べる物はどんぐり、栃(とち)の実、アワにヒエだったと。山に雪が降って、食べ物をさがすのが大変だ…

この昔話を聴く

現在666話掲載中!