もとどりやま
『元取山』

― 富山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある山にほら穴があってな、麓(ふもと)の村の者は、このほら穴から、お客用のお膳(ぜん)やお椀(わん)を借りとったそうな。
 ほら穴の前で、ポンポンと手を打って、
 「ほら穴さま、ほら穴さま、お願えします。お膳五人前、お椀五人前、借してくんなせぇ」
と、願(ねが)えば、次の朝にはちゃあんと揃(そろ)えてほら穴の前に置いてある。用が済んだら、きれいに洗って返しておくきまりなんだと。
 ある時、欲張(よくば)り爺(じい)さがお膳とお椀を借りたそうな。用が済んでも返すのをいちにち延ばしにしとる。
 あんまりきれいで品物(しなもの)がいいものだから、 

 挿絵:かわさき えり
 「こら、返さんで、俺(おら)のものにしよう。こんげにいい物、分限者(ぶげんしゃ)でも持っていねえ」
と、とうとう返さないでいたんだと。
 そうしたら、今度、村の者がいっくら頼(たの)んでも、ほら穴から、お膳もお椀も出て来なくなってしまったと。
 「こら、誰かほら穴さまを怒(おこ)らせた者がいるな」
 村中大騒ぎになった。が、欲張り爺さは知らん顔。 

 やがて、秋になって米が穫(と)れた。欲張り爺さは、馬に米俵(こめだわら)をつけて町へ売りに行った。
 すると、どうしたことか、馬は、町へは行かず、山へ行くんだと。
 「そっちでねぇや、町へ行け」
と、いっくら綱(つな)を引っ張っても、馬は山の方へ、山の方へと行くんだと。その内、馬は、ほら穴のところへ来て勝手に中に入って行ってしまった。
 欲張り爺さは、前の事があったもんだから、恐くって、ただ穴の前でおろおろするだけなんだと。
 すると、穴の奥から、
 「アハハハハ」「オホホホホ」
と、いくつも嘲笑(あざわら)う声がして、
 「お膳とお椀の替わりに、この米をもろうておく。これで元が取れた」
 こう言ったそうな。
 それからじゃ、このほら穴のある山を、元取山(もとどりやま)と言うようになったのは。 

 元取山とほら穴は、今でも、富山県の福岡町にあるそうな。

 これでパッチリ 柿の種。

挿絵:かわさき えり


 

富山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ネズミのスモウ

ネズミのスモウ

むかしむかし、あるところに長者殿と貧乏な爺さ婆さとが隣あってあったと。両方の家にネズミがいたと。長者殿のネズミはまるまると太り、爺さ婆さのネズミはや…

この昔話を聴く

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

狐の恩返し(きつねのおんがえし)

むかし、あるところにひとりの爺(じ)さまがおった。爺さまは畑に豆をまいた。秋になって、たくさんの豆がなった。爺さまはそれを刈(か)り取って束ね、束ねては立てかけて、畑に干しておいたと。

この昔話を聴く

現在619話掲載中!