やまのもんとまちのあきんど
『山の者と町の商人』

― 富山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある山奥(やまおく)に村があったと。
 その村から、険(けわ)しい山坂をいくつも登ったり下ったりしたふもとに、お城下町(じょうかまち)があったと。
 山奥の村からお城下町へは二日がかりだと。
 あるとき、山の者(もん)が村の用事を頼(たの)まれてお城下町へ出たと。 頼まれたいろいろの用事をたして、町を歩いていたら魚屋の前を通りかかった。
 たくさんの魚が店先にならんでいる。村の人に久し振りに海の魚を食べさせてやろうと店の前に立った。
 あれこれと見ていたが生きのよさそうな鮭(さけ)を買うことにしたと。
 「どっでも(どれでも)いいさかい、一本ワラズトに包んでくれっしゃい。」
というた。 

 店のおやじは、
 「へい、まいど」
といいながら奥から出てきて客を見ると、客はミノをきて、腰(こし)には木の皮で編(あ)んだどうらんを下げ、背負(しょい)こに荷物をいっぱいつけていた。
 「ハハァン。こりゃ山奥の者じゃな。海の魚なんぞめったに食べんまい。 よし、一番小っちゃいやつを高く売りつけてやろ」
と思うた。
 そこでまず、鮭の一番大きいやつを持ちあげて、
 「おい鮭、おまえや、この山の父(と)っとと一緒に行くか」
山の者と町の商人挿絵:かわさき えり

 と言葉をかけ、
 「ふんふん、いやか、そうか」
と、いかにも話をしているように見せかけた。
 次に大きい鮭を持ち上げて、また、
 「おい鮭、おまえや、この山の父っとと一緒に行くか」
 「ふんふん、お前もいやか。そうか」
というて、次々に同じ問答(もんどう)をしていき、終(しま)いに、一番小さい鮭を持ち上げて、
 「弱ったことになったわい。おい、お前やどうじゃい。がまんして、この山の父っとと一緒に行ってくれんかい」
 「なになに、ふんふん、いやか。そんなこというたかて仕方ないちゃ。おおっ、じゃ行ってくれっか。よっし、よっし」
と、やっと納得(なっとく)させたように見せかけて、
 「旦那(だんな)、他のやつみんな嫌じゃ言うとりますが、こいつだけ行く言うとりますちゃ」
と笑いながら、一番小さい鮭をワラズトに包んだと。 

 それを受けとった山の者は、
 「そっかそっか、いや、たいへんお世話さんじゃった」
といって、懐(ふところ)から財布(さいふ)を取り出し、まずッザクザク音をさせてみた。それからお金を出して、
 「おい銭(ぜに)や、おまえや、この魚屋にもらわれてお城下におる気はないかい」
と言葉をかけ、
 「ふんふん、いやか、そうか」
と、いかにも話しているように見せかけた。

山の者と町の商人挿絵:かわさき えり

 次にまた少し高いお金を取り出して、
 「おい銭や、お前はどうする。この魚屋にもらわれて、お城下(じょうか)におる気ないかい」
 「ふんふん、お前もやっぱり嫌か。そうかそうか」
 それから次々に同じ問答をして行き、おしまいに一文銭(いちもんせん)をとり出して、
 「弱ったことになったわい。お前やどうじゃい。がまんしてこの魚屋にもらわれてくれんかい」
 「ふんふん、いやか。そんなこと言うたかて仕方あんまい。おおっ、じゃお城下におってくれっか。よっしよっし」
と、さも合点(がてん)したといわんばかりに、
 「おやっさま、他のやつ、みな嫌じゃというとるが、こいつだけお城下におるというとりますて」
というて、一文銭渡すと、さっさと店を出て、山の奥へ帰って行ってしまったと。

 これでばっちり柿(かき)の種。 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

酒と小便(さけとしょうべん)

酒と小便(さけとしょうべん)

むかし。羽前の国、山形県に、佐兵(さひょう)というとんち者がおった。この佐兵の住んでいた村は、天領(てんりょう)というて将軍(しょうぐん)さまの支配…

この昔話を聴く

五月節句の笹巻き飯(ごがつせっくのささまきまんま)

五月節句の笹巻き飯(ごがつせっくのささまきまんま)

とんと昔、あるところにオドとカカがおったと。初児(はつご)子のお産が始まって、カカがウンウン唸(うな)っているそばで、オドは気ぃもめて気ぃもめてなら…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!