こびきとこびと
『木挽きと小人』

― 富山県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。あるところにひとりの木挽(こびき)がおったと。
 ある日のこと、その木挽が山に入って、
 「さあ、今日はこの木を伐(き)ろうかな」
と独り言をいって、木の前にゴザを敷(し)き、腰(こし)をおろした。
 すると、どこやらから人の声がかすかに聞こえてきた。空耳(そらみみ)かなと思ったが、じいっと耳をすましていると、声は自分の足のあたりから聞こえてくるようだ。その声は、
 「この木、伐ってくれるな」
といっているようだ。
 妙なこともあるもんだと思って、足の下をよくよく見ると、木の根っこのすき間から、何やら、ヒョコッ、ヒョコッと出て、もの言うた。
 

 「これは俺たちの木だから、伐らんと残しといてくれ」
 「こりゃ、まあ、なんと。小んまいお人たちがいたもんじゃぁ」
 「そんなに大きい声出すな。耳がこわれる」
 「おっ、そうか。済まんじゃった。んじゃぁ、こんなもんでいいか。ン。そうか。この木はお前たちの住み家(すみか)じゃったか。わかった」

挿絵:かわさき えり

 木挽はその木を伐らずに、その日は山から帰ったと。

 それから何日かして、木挽はまた山に入った。
 小人の住む木のところへ行って、どの木を伐ったらいいか聞いたと。そしたら小人は、あの木を伐れと、指さした。太っとい大きい木だったと。
 そこへ行って伐って伐って伐っていたら疲れた。で、ゴザを敷いてひと休みしていたら足元で、何やらカサコソする。蟻(あり)かな、と思うてよおっく見たら、先程の小人だ。それがしきりに、
 「あっち行け、あっち行け」
といっている。
 「急げ、急げ」
と、せかされて、木挽は何が何だか分からなかったが、とにかく、でっかいのこぎりをかついで、小人の指さす方へ急いで行った。木の高さ二本分ぐらいも行っただろうか。背中の方で突然、バリバリ、ドォーッと大きな音がした。驚いて振り返って見ると、今まで伐りかけていた木が倒れたのだった。 

 「やあ、あのまま休んでいたら危ないところじゃった。やれ命拾うた」
と胸をなでおろして、ふと、小人は大丈夫だったじゃろうかと心配になって見まわすと、小人は倒れた木の上に立っておった。
 どうも木挽を呼んでいるようだ。
 行ってみたら、小人は、倒れた木の根っこを指さしている。
 何と、木の根元の掘れたところに、大判小判がぎっしりと埋まっていた。

挿絵:かわさき えり

 木挽が驚(おどろ)いて、目をパチクリしていると、小人はそれをみんな持って行けというた。
 木挽は、いっぺんに金持ちになって、一生安楽に暮らしたと。

 これでぱっちり柿の種。

 

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

早業競べ(はやわざくらべ)

早業競べ(はやわざくらべ)

むかし、あるところに長者どんがおらして、日本一仕事の早い者を雇(やと)う、というて、お触(ふ)れを出したと。そしたら四人集まって来たと。いろいろ早業…

この昔話を聴く

狩人と山犬(かりうどとやまいぬ)

狩人と山犬(かりうどとやまいぬ)

むかし、あるところにひとりの狩人(かりうど)があったと。山で狩りをしていると、大きな岩の下で山犬がアカゴを三匹産んでいた。それを見た狩人は、そろりそ…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!