じゅうろくにんだに
『十六人谷』

― 富山県 ―
再話 大島 廣志
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、越中(えっちゅう)、今の富山県(とやまけん)の山奥(やまおく)の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺(じ)さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧(おの)をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂(こだま)した。
 

 ある日、きこりたちは、小屋で晩飯(ばんめし)を食べながら、
 「明日は谷一番の大きな柳(やなぎ)の木を伐(き)ろう」
と、話し合っていた。


 その夜のことだ。
 爺さまの夢(ゆめ)に美しい女が現れて、
 「私は、谷一番の大きな柳の木の精(せい)です。どうか私を伐らないで下さい。もし私を伐り倒(たお)したら、皆さんの命もありません」
というた。爺さまは、ハッとして目を覚ました。それからというもの夢のことがきになってとうとう一睡(いっすい)もできなかった。
 
十六人谷挿絵:かわさき えり


 朝になると爺さまは、きこりの一人一人に、
 「谷一番の大きな柳の木だけは伐ってはいかん。伐ると命を落とすぞ」
と言うてきかせた。しかし、若いきこりたちは爺さまのいうことなど、誰(だれ)も聞こうとはしない。

 十六人が一日がかりでその柳の木を伐り倒したとき、
 「ギャーッ」
という悲鳴(ひめい)がきこえた。
 きこりたちは、背筋(せすじ)がぞくっと寒(さむ)くなったが、みんながみんな、
 <こんな山奥に他の者など居(い)るはずがない。きっと空耳(そらみみ)だろう>
と思い、気にもしなかった。仕事を終(お)えて小屋へ戻(もど)ったと。


 そして、晩飯を食べ終えると、きこりたちは急に眠(ねむ)くなり、早やばやと寝(ね)てしまった。爺さまだけが寝つかれずにいたら、夜中に小屋の戸が音も無く開いて、一人の美しい女が入ってきた。爺さまは「誰だ!」と叫(さけ)んだが、声にはならなかった。

 その女は、ぐっすり眠っているきこりの一人に顔を近づけて、フッと息を吹(ふ)きかけた。そしてまた、次のきこりに顔を近づけて、フッと息を吹きかける。十六人のきこりたちに次々と息を吹きかけてから、最後に爺さまのそばにやってきた。
 その女は、爺さまの夢に現れた美しい柳の木の精だった。
 柳の木の精は、爺さまの顔をのぞきこむと、にこぉっと微笑(ほほえ)んで、そのまま小屋を出て行った。すると不思議(ふしぎ)なことに、爺さまはコトンと深い眠りに落ちた。


 日が昇(のぼ)り、爺さまはすっきりと目を覚ました。急いできこりたちをゆり起こしたが、十六人、皆(みな)が皆、舌(した)を抜(ぬ)かれて死んでいた。
 
十六人谷挿絵:かわさき えり

 
 その後(のち)、越中のこの谷を ”十六人谷” と呼(よ)ぶようになったという。
 
 これでおしまい べろりん。

富山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

掛け声の代価(かけごえのだいか)

掛け声の代価(かけごえのだいか)

むかし、あるところに大きな、それは大きな木があった。大人(おとな)で三(み)かかえもあったと。あるとき、木こりが二人やってきて、この木を伐り倒すのだ…

この昔話を聴く

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

ヤマワロの話(やまわろのはなし)

河童(かっぱ)。夏の間、水の中でいろいろ悪さをするアレですがの。熊本のここあたりではガワッパと言う。ガワッパは、夏が終って山に入ると呼び名が変わって…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!