かんざしをさしたかっぱ
『カンザシをさした河童』

― 和歌山県 ―
語り 井上 瑤
再話 和田 寛
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 紀州(きしゅう)、今の和歌山県西牟婁郡中辺路町(にしむろぐんなかへじまち)に伝わる話をしようかの。
 ガイラボシというのを知っているかな。
 ガイラボシというのは熊野地方の方言で河童のことをそう呼んでいる。
 夏、川や海へ泳ぎに行くと、水の中へ引きずり込んで尻子玉(しりこだま)を抜くという、あれのことだ。
 そのガイラボシが、むかし、中辺路の温川(ぬるみがわ)に棲(す)んでおったんだと。
 なんでも、うわさでは、このガイラボシはほかのと違って頭にたいそうきれいなカンザシをさしておったそうな。

 和歌山の民話【カンザシをさした河童】挿絵1挿絵:かわさき えり
 その頃村に、シゲノという、かわいい、かわいい娘がおったって。
 シゲノは、村の人たちがそのうわさをする度に目をかがやかせて聞いておったが、そのうちに、
 「一度でいいから、おらも、そのカンザシを見てみてえ」
 いうて、見とうて、見とうてたまらんようになったと。

 そこで、二親(ふたおや)が寝しずまるのを待って、こっそり家を抜け出して、ガイラボシが出るという川べりへ出掛けて行ったと。幾晩もだと。
 物かげに隠れて、じいっと目をこらして川を見つめ続けては、
 「今日も出てこんかった」
 いうて、つまらなさそうに家に戻るんだと。
 そんなことをくり返しているうちに、幾晩めかに、とうとうそのガイラボシに出会うたと。
 月の光に照らされたカンザシは、キラキラ、キラキラ輝き、それはもうきれいなものだったそうな。
 「一度でいいから、あのカンザシをさしてみたい」
 シゲノはすっかりこのカンザシに心をうばわれてしまったと。
 

 ある晩のこと、シゲノが川べりに来てみたら、水の中からガイラボシが頭を出した。
 月明かりで水はテラテラ光っとるし、カンザシはキラキラ輝いとるし、シゲノの頭はしびれたようにボ―ッとしてしまった。
 するとそのガイラボシがシゲノの方を向いて、おいでおいでと手招きをする。
 シゲノは招かれるままに川の中に入っていった。
 一歩、また一歩。水はシゲノのひざから腰、そして胸のあたりへとだんだん深くなっていく。それでもシゲノはガイラボシに近づいて行った。
 

 その晩を境に、村の人でシゲノの姿を見かけた人はだあれもおらん。
 ただ、そんなことがあってから、村の人たちは、その淵を「シゲノ淵」と呼ぶようになったんだと。

 おしまい。 

 


和歌山の民話【カンザシをさした河童】挿絵1挿絵:かわさき えり
 

和歌山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

瘤とり爺(こぶとりじい)

瘤とり爺(こぶとりじい)

昔、まんずあるところに、額(ひたい)に拳骨(げんこつ)ほどのでっこい瘤(こぶ)のある樵(きこり)の爺(じい)さまがあったど。ある日、山へ行って、もう…

この昔話を聴く

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

現在667話掲載中!