くにしふちとりゅう
『国主淵と龍』

― 和歌山県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 これは和歌山県の貴志川町(きしがわちょう)を流れる貴志川にまつわる話。
 むかし、長い日照り(ひでり)が続いたことがあったそうな。
 畑や田んぼがひび割れて、稲は枯れかかっていたと。
 「このままでは年貢を納めるどころか、食うものにもこと欠いて、村は全滅(ぜんめつ)じゃ」
 「井戸を掘(ほ)ってもみたが、このあたりは塩っ気があって使いものにならん」
 「たのみの貴志川も、とっくにそこを見せとるし」
 「どっかに水はないものか」
 水は国主淵(くにしふち)に溜(た)まったものだけになり、それも日毎(ひごと)に少なくなっていったそうな。 

 そんなあるとき、村の古老(ころう)が、
 「そういえば、わしが子供のころ年寄りに聞いた話じゃが、何でも、国主淵の底に龍宮(りゅうぐう)へ続いている穴があって、大昔に理由(わけ)あって穴をふさいだそうな。嘘(うそ)か本当かぁ判らんが、その穴をふさいどるものを取り除ければ、水はなんぼでも湧き出てくるんじゃぁなかろうか」
というた。
 そこで、ある強い侍が淵(ふち)の底に潜(もぐ)って確かめることになったそうな。
 侍が“国次(くにつぐ)”という名刀を口にくわえて潜ってみると、言い伝え通りにそこに洞穴(ほらあな)があって、その前に太い松の木みたいのが横たわってあった。
 侍は、それを押したり引いたりしたがびくともせん。そこで、刀を逆手(さかて)に持って力まかせに突き立ててみた。すると、太い松の木みたいのが、ズルズルと動き出したと。 

 松の木に見えたのは、実は、大きな龍だったと。
 龍は、燃えるような眼(まなぐ)をカッと見開き、侍に襲(おそ)いかかってきた。
 侍は必死に刀を振りまわした。刀が龍に当たるたびにカチッと音がして、ウロコが飛び散ったと。
 戦って戦って、数え切れないほどのウロコを切り落とされた龍は、弱って、淵の底に沈んでいったと。
 侍が水面に浮かびあがったら、なんと、龍の面が数えきれないほど漂(ただよ)っていて、それらが水を切って走り、噛(か)みついてきた。
 「化けものめ、まだ残っていたか」
 侍は右手で刀を立てて斬(き)り割き、左手で生き面(いきめん)をつかむと、サッと岸に投げた。すると不思議なことに、斬られた面はその場で龍のウロコに変わり、岸に投げられた面は魔力(まりょく)を失って、みるみるうちに干からびたと。 

 挿絵:かわさき えり
 

 侍が最後の面を斬り割き、岸辺に泳ぎ着いてホーッと息を吐いたときだった。
 淵の中ほどで渦(うず)が巻きはじめて、それが段々に大きくなっていった。すると、空でも、にわかに湧(わ)いた黒雲(くろくも)が渦を巻きはじめ、それが段々に大きくなって、あたりが妙な具合に薄暗くなった。稲光(いなびかり)がして、ゴロゴロ鳴りだしたら、たちまちどしゃ降りになった。雷がひときわ大きく鳴ったとき、渦の中から龍が跳び出て、空に渦巻く黒雲の中へ駆(か)け昇っていったと。
 村人たちは肝っ玉(きもったま)飛ばして、尻餅(しりもち)をついたり、這いつくばったりしておったが、やがて久しぶりの雨に大喜びしたと。
 そのとき以来、貴志川の水がどんなに涸(か)れても、この国主淵だけは底を見せたことがないそうな。

 (結句無し) 

 挿絵:かわさき えり
 

和歌山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

盗人をなおす医者(ぬすっとをなおすいしゃ)

盗人をなおす医者(ぬすっとをなおすいしゃ)

むかし、江戸の小石川(こいしかわ)、今の東京都文京区に小石川診療所(しんりょうじょ)というのがあって、赤ひげ先生という、診(み)たても、治療(ちりょ…

この昔話を聴く

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに)

むがし、あったけど。あるお爺(じい)さん、寒の明げる晩に、「豆も無(ね)えす、嬶(かか)もいねぇのだす、一人だも、どうもなんねえ、豆なの蒔がねぇ。火…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!