こんにゃくのもらいぶろ
『こんにゃくの貰い風呂』

― 和歌山県 ―
語り 井上 瑤
再話 和田 寛
提供 フジパン株式会社

 むかし、山の中に古寺(ふるでら)があって、和尚さんがたった一人で住んでおった。
 ある夜、表の戸がトントンと叩かれるので、和尚さんが出てみると、一人の旅の坊さんが立っておった。
 「今夜、一晩泊めて下さらんか」
 「こんなところでよければ、いつまででもどうぞ」
 和尚さんが、さっそく風呂を沸(わ)かしてやると、旅の坊さんは妙なことをたずねた。
 「ここの風呂には、灰が入っていないだろうね」
 「入っとらんよ、きれいなもんだ」
と答えると、旅の坊さんは喜んで風呂に入ったと。 

 挿絵:かわさき えり
 「ああ、ええ風呂じゃった。こんな風呂なら何度でも入りたい」
と、上機嫌(じょうきげん)で言うた。
 「そんなら、何度でも入りなされ。ここはわし一人じゃから、何の遠慮(えんりょ)もいらんよ」
と、言うてやったんだと。 

 次の日の朝、旅の坊さんはまだ暗いうちに身ごしらえして、
 「ちょっと托鉢(たくはつ)にまわってくるでな」
と言って出て行った。
 その夜も、旅の坊さんが山寺にやって来た。
 「今夜も泊めてくだされや」
 和尚さんは、この夜もこころよく泊めてやったんだと。
 旅の坊さんは、お経も上手だし、話もけっこう面白い。たったひとつ変ったところは、風呂に入る時、必ず、
 「今夜も風呂に灰が入っていないだろうね」
と、念を押す事だったと。
 旅の坊さんは、それからも毎日毎日、朝暗いうちに出て行って、夜暗くなってから帰って来た。そして、あいかわらず風呂に入る時、灰が入っていないか聞いたんだと。

 ※托鉢…生活に必要な最低限の食糧などを乞い、人に恵みの心をもたらせてあげる修行。 

 ある晩、和尚さんはいたずらっ気をおこして、風呂の中にこっそり灰を入れておいた。
 旅の坊さんは、いつものように、
 「風呂に灰は入っていないだろうね」
と聞いた。和尚さんは、
 「今まで、そんなものが入っていたことがあったかね」
と、言ったんだと。
 その夜、旅の坊さんは、風呂に入ったきりいつまでたっても上がって来ない。
 和尚さんが風呂をのぞいてみると、旅の坊さんの姿はどこにもなく、かわりに大きな大きなこんにゃく玉がひとつ浮かんでいたんだと。 

 そこで、風呂にフタをして、その上に大きな石をのせて、下から火をどんどん焚(た)いた。
 湯がくたくた、くたくた沸いたので、もうよかろうとフタをとると、風呂の中には、こんにゃくがいっぱい出来とった。
 こんにゃくは、こんにゃく玉と灰とを一緒にして、コトコト煮立てて固まらせて作るんだと。
 寺の裏に作ってあるこんにゃく玉が、夜暗くなってから畑を抜け出し、旅の坊さんに化けとったんだと。
 こんにゃく玉でも、何年もたって古うなると、人間に化けて、お経も唱えられるようになるんだと。

 ああ恐ろしや。 

 挿絵:かわさき えり
 

和歌山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

屁っぴり爺(へっぴりじい)

屁っぴり爺(へっぴりじい)

むがしあったぞん。あるところに善い爺ちゃと、婆ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨の悪い爺と婆がいた。ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴を刈っていたら・・・

この昔話を聴く

野山で使う箸(のやまでつかうはし)

野山で使う箸(のやまでつかうはし)

昔あったけど。弘法(こうぼう)さまていう偉(えら)い坊さまが、あるとき旅してらして、河原で昼飯にするごとにしたど。

この昔話を聴く

現在611話掲載中!