いそおんな
『磯女』

― 和歌山県 ―
再話 和田 寛
再々話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、和歌山県(わかやまけん)は里野(さとの)というところに、いそ女というものがおったそうな。

 いそ女は、この世の者とは思えない美(うつく)しい娘姿(むすめすがた)で、夜になると海の近くの岩山(いわやま)の上にあらわれ、髪(かみ)の毛(け)をすきながら、美しい声で歌をうたうのだと。

 ある夜のこと。
 この岩の近くを通った船に歌声が聞こえて来たそうな。
 「だれだろう。こんな夜更(よふ)けに歌をうたっているのは。それにしても、なんときれいな声だろう」

 「やや、あんなところにおる」
 「美しげなことよ」
 「妖(あや)しげなことよ」
 船乗りたちは口々(くちぐち)に言い合(あ)いながら、船を近づけていった。
和歌山の民話【磯女】挿絵1挿絵:かわさき えり

 娘の長い黒髪(くろかみ)は、下の海面(かいめん)まで届(とど)き、一層(いっそう)妖しげに見える。

 そのうち、はたっと歌声が止(や)んだ。娘は、ひょいと振(ふ)り返(かえ)り、月の光にてらされた青白い顔で、ニイッと微笑(ほほえ)むのだと。そして、手を差(さ)し出して船をまねくのだそうな。

 すると、不思議なことに、船はひとりでに岩山に向(む)かって進(すす)みはじめた。
 「あぶない、気をつけろ」
 「岩に近づくな」
 「早く船をこげ」
 船乗りたちは、口々に叫(さけ)び、懸命(けんめい)に船をこいだが、船の向きを変えることが出来ん。
 とうとう、岩穴に吸(す)い込まれて終(しま)った。

和歌山の民話【磯女】挿絵2挿絵:かわさき えり

 次の朝、岩穴から船は吐(は)き出された。しかし人の姿は、誰(だれ)一人として見当(みあ)たらなかったそうな。


  こんでちょっきり 一昔(ひとむかし)。

和歌山県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狐の倉(きつねのくら)

狐の倉(きつねのくら)

むかし、あるところにひとりの男がおったと。男が荒地(あれち)を畑にしようと掘り起こしていたら、鍬(くわ)が思いっきり石を叩(たた)いた。「しもうた」…

この昔話を聴く

小正月に来るオボメ(こしょうがつにくるおぼめ)

小正月に来るオボメ(こしょうがつにくるおぼめ)

お前(め)、オボメ(産女)って知っでらっだか。小正月十五日の晩にナ、オボメどいっで、お産のとき難産で死んだオナゴが赤ン坊ば抱(かか)えで幽霊になって…

この昔話を聴く

現在671話掲載中!