さるじぞう
『猿地蔵』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あったけど。
 むかし、あるところに爺さがおって、白い餅(もち)が大好きだったと。
 この爺さが川辺りの畑に畑仕事に行ったときのことだ。
 昼げに持って行った白い餅を、口のまわり真っ白にして食べて昼寝しとったと。
 そしたら、そこに、猿がたくさん来たと。
 「やぁや、こんな処に地蔵さまいたや。こんな処ではなく、川向うさ立てたらいいんでねか」
 「んだな」
 こういうと、猿たちは手車ちゅうもんを組んで、昼寝中の爺さをその上に乗せて、川の中を川向うへ運んで行ったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 
 川越え猿の尻(へんの)こ濡(ぬ)らすとも
 地蔵の尻こ濡らすな
 エンヤラ エンヤ

 川越え猿の尻こ濡らすとも
 地蔵の尻こ濡らすな
 エンヤラ エンヤ

 

 
 と、川を渡って川向うへ据(す)えたと。
 「やぁや、ええ地蔵さまだ」
 「銭コでも上げて拝(おが)むべや」
と、爺さ地蔵に、どこから持(も)って来たのか銭コどっさり上げて拝んだと。
 猿が居なくなってから、爺さ、その銭コ、
 「わしにお供(そな)えしたのじゃから、こりゃ、わしがもろぉてもええんじゃろ」
と、家に持って帰ったと。
 婆さと二人で、その銭コ拡(ひろ)げていると、そこへ隣りの欲張り婆さがやって来たと。
 「あれ、あれ、ここの家の爺さと婆さ、なしてこんげに銭コ儲(もうけ)けたや」
 「んだな、あれや、爺さが白い餅、口のまわり真っ白にして寝てたれば、猿たちが来て、地蔵さまどんだって、銭コ上げて拝んでったので、その銭コ貰(もら)ったなよ」
 

 
 これを聞いた欲張り婆さ、急いで家に戻ると、
 「爺さ、爺さ、白餅持って畑さかせぎに行け。ほして、口のまわりを白くして寝とれや」
とて、爺さが行くとも言わないのに、むりむり追いやったと。
 隣りの爺は、しかたなく畑へ行って、口のまわり真っ白くして昼寝しとったと。
 そしたら、猿たちが来たと。
 「あら、あら、こげなとこさ、まだ地蔵さまいたや。向うさ持って行くべ」
とて、手車組んで、
 

 
 川越え猿の尻こ濡らすとも
 地蔵の尻こ濡らすな
 エンヤラ エンヤ

 川越え猿の尻こ濡らすとも
 地蔵の尻こ濡らすな
 エンヤラ エンヤ

 と、川向うへ連れていったと。
 すると隣りの爺さ、その掛け声がおかしいやら、手車しとる猿の手の毛がくすぐったいやらで
 「へ、へ、へ、へ」
と笑ったと。そぉしたら、屁がプッと出たと。
 「あららら、これぁ、地蔵さまでねぇ。どこかの爺さだ。さぁさ大事(おおごと)した。早く、ぶん流してやれ!」
と、川にほうり投げたと。
 隣の爺さ、流されて銭コ儲けるどころでねえ。ようやっとのことで川から這(は)い上って来たと。

 どんべからんこ、ねっけど。 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

そこつ そうべえ

そこつ そうべえ

むかし、むかし、あるところに、そうべえさんという、それはそれはそそっかしい男がおった。あるとき、そうべえさんは、一つ山を越えた町のお宮さんへおまいり…

この昔話を聴く

五月ごろうの由来(ごがつごろうのゆらい)

五月ごろうの由来(ごがつごろうのゆらい)

むかし、ある山間(やまあい)の村に両親と三人の兄弟が住んでおったと。あるときから、一番上の兄が、毎晩どこかへ出かけて行き、夜中過ぎに冷たい身体で帰っ…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!