いなばのしろうさぎ
『因幡の白兎』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔々、因幡(いなば)の国に白い兎がいたそうな。
 毎日浜辺にやって来ては、
 「何とかして、海渡って向こう岸さ行ってみてえなあ。んだげんども俺(お)ら泳がんねえし、海には何がいるか分(わ)がんねえから、途中で殺されっかわかんね。何とか無事に向こうさ行ぐ工夫ないべか」
と思って、ため息ついていたそうな。
 そしたら、あるとき、ええこと考え浮んだ。
 ワニザメを並べて、その背中の上を行くといいって。
 「んだら」
 っていう訳で、ワニザメに相談したと。


 「ワニザメ君、ワニザメ君、海のお前の数が多いか、陸(おか)の兎の数が多いか、比べっこすんべ」
 「どうやってだ」
 「お前だち海さ並んでみろ。おれ、一匹一匹勘定して行くから。勘定し終ったら向こうで兎ばみな集めるから。ほしたらお前が勘定すればええ。数が多い方が勝ちだ」
 「わがった。ええがんべ」
 っていう訳で、ワニザメは仲間みんなに声掛けて、こっちの岸から向こうの岸まで、ずらあっと並んだと。
 「さあ、数えれや」
 「ようし、行くぞぉ」
 白い兎は得意になって、ワニザメの背中をピョンコ、ピョンコ跳ねて向こう岸まで行ったと。

因幡の白兎挿絵:かわさき えり
 いま一歩で陸さ上がるっていうとき、嬉しくなって、
 「おれにだまされているとも知らず、こうして並んでくれてありがとうよ。おれ、数なの、白兎なの集める気なの何もないなだ。お前だちの背中渡って、向こう岸さ行きたくってこういうこと言ったんだ」

 って、つい言ってしまったと。
 それを聞いた最後のワニザメは、怒って、白い兎をガブリッてくわえて、皮をはいでしまったんだと。
 白い兎は、痛くて痛くて何とも仕様がないのだと。
 泣いていると、そこへ神様が大勢通りかかって、
 「これ兎、どうした」
 「こういうわけで…」
 「ああそうか、それは可哀そうに、それではお前は、海の水に入れ。そうしたら、たちまち毛がはえる」
 って言ったと。
 白い兎が海の水に入ったら、
 「痛てててて…」
 って、塩水がしみて、ビリビリ、ビリビリ、ってもっともっと痛くなったと。

 こらえ切れずにギャン ギャン泣いていたら、袋を担いた神様が通りかかったと。
 その神様は親切で、
 「お前、ほだらことしてもだめだ。きれいな真水(まみず)で洗って、して、蒲(がま)の穂(ほ)さ転がれ、んだどええから」
 って、教えてくれたと。
 白い兎がその通りにしたら、やっと元の白い兎になったと。

 どんぴんからりん、すっからりん。

因幡の白兎挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山の神とマタギ(やまのかみとまたぎ)

山の神とマタギ(やまのかみとまたぎ)

北秋田の山奥には、マタギというて、熊だの鹿だの獲(と)る猟師(りょうし)が、いまでも住んでおる。むかしは、何人かで組をつくっての、冬山に小屋掛けして…

この昔話を聴く

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう)

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう)

むかしむかし、ある竹藪(たけやぶ)の中に、大きな虎が一匹住んでおったと。虎は日ごろから、ひととび千里(せんり)じゃ、と走ることの早いのを自慢(じまん)にして、いばっておったと。

この昔話を聴く

現在603話掲載中!