かえるのぼうさま
『蛙の坊さま』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに蓮(はす)の葉がいっぱい植(うわ)っている池があって、蛙が一匹おったと。
 蛙は蓮の葉でお寺を建てて、そこで毎日毎日、ゲエロゲエロとお経を詠(よ)んでいたと。
 ある朝、蛙が、
 「蓮の花、今日はなんぼ咲くかなあ、咲いた数だけ弔(とむら)いせにゃならんから、あんまり咲いて欲しくないなあ」
と言いながら池の中を見廻(みまわ)ったら、五つ咲いたと。
 「ありゃあ、今日は五つも弔いをせにゃならん。こりゃ、くだびれそうじゃ」
と言っているうちに、もう、モグラの奥さんがやって来た。
 

 挿絵:かわさき えり
 「おらえの父(とう)さんがコロッと死んだから、弔ってくれ」
 蛙が、 「ゲエロ、ゲエロ、ギャ―、ナンマンダ―」
とお経を詠んでやったら、
 「坊(ぼう)さま、父さんが死んで、どこさ行くもんだべ」
と聞く。
 「まんず、極楽浄土だべ。ナンマンダ―」
と言ってやると、モグラの奥さんは喜んで帰って行ったと。
 

 次に来たのは、ヤマガラの母(かあ)さん。
 「おらえの子供が巣から落ちて死んだ。弔ってもらいたい」
 「ゲエロ、ゲエロ、ギャ―、ナンマンダ―」
 「坊さま、その子はどこさ行くべか」
 「子供は神の子仏の子、と言うから、これはお釈迦様の手の上さ、あがっていったべ」
 ヤマガラの母さんも喜んで帰って行ったと。
 二つの弔をして、ひと休みしようとしたら、間無(まな)しに、今度は、池の鯉(こい)の父さんがやって来た。
 

 「土手の上さ鯉(こい)釣りが来て、嬶(かかあ)が釣られた。弔ってほしい」
と言う。蛙は、
 「南無クタビレ阿弥陀仏ダ―」
と詠んだと。
 「坊さま、嬶はどこさ行ったべな」
 「あまりいやしくて、大きな口あいて食ったから、嬶はエンマさまさ行って、鍋さほうり込まれて煮られるなあ」
 鯉の父さんは、シオラ、シオラ泳いで帰ったと。
 今度こそひと休み、と、お供(そな)えの酒(さけ)を呑もうとしたら、そこへ、セミの弟がやって来た。
 「兄ちゃんが猫にとられた。弔ってちょうだい」
 

 蛙は、
 「ナンム、ナンム、ナンム」
と短かく詠んだと。
 「坊さま、兄ちゃんどこいった」
と聞いたら、
 「猫に聞け」
と言ったと。
 セミの弟は、ミ―ン、ミ―ンとベソかいて帰ったと。
 「やれやれ、これで四つ弔った。今度は誰の番かな。飽(あ)きて来た」
と言いながら、やっと酒を呑んでいたら、そこへ、土手で遊んでいた子供が投げた石が、ヒュ―と飛んで来て、スコンと蛙に当ったと。
 蛙は蓮の葉から転がり落ちたと。
 腹を大っきくプクンとふくらまして、
 「五つめはおれの番だったか、ナムアミダブツ、ナムアミダブツ」
と、一番ていねいに詠んで死んだと。

 どんぺからっこねっけど。
 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

創立何十年もたつという古い学校には、必ず、一(ひと)つや二(ふた)つの、こわーい話が伝わっている。中でも多いのが、便所にまつわる怪談だ。今日は、一つ…

この昔話を聴く

金看板と頓智(きんかんばんととんち)

金看板と頓智(きんかんばんととんち)

むかし、むかし、あるところに韋駄天(いだてん)走(ばし)りの男があった。平地はもとより、山に入ってもキジを獲ったり、兎を獲ったり、ものすごく足が速い…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!