ごがつせっくのささまきまんま
『五月節句の笹巻き飯』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 とんと昔、あるところにオドとカカがおったと。
 初児(はつご)子のお産が始まって、カカがウンウン唸(うな)っているそばで、オドは気ぃもめて気ぃもめてならない。
 「オレ、産神様(うぶがみさま)を迎えに行って来る」
とて、子負帯(こおいおび)を持って山ふもとの地蔵堂(じぞうどう)へ行ったと。
 真夜中のこととて、松明(たいまつ)焚(た)いて行ったら、雨が降って来た。
 「やぁや、まだ産神様と行き会わねぇというのに、こりゃぁ困ったこんだ。はて、なじょすんべ」
とて、あわてて駆(か)けて、山ふもとの地蔵堂に飛び込んだと。
 

 やれやれ、とて雨宿りしているうちに気ぃゆるんで、ウトウトねむりかけたと。
 そしたら、外に誰やらやって来たふうで、
 「やぁや、地蔵様、今、村でお産が始まったから、運定(うんさだ)めに行くべゃあ」
とて、呼ばる声がしたと。そしたら地蔵さんが、
 「やぁや、せっかくの誘いらけんど、オラ、今夜お客様あって行きかねる。お前さん一人で決めてやってけろや」
とて返事したそうな。
 「そうか、お客さんならすかたね、オラ一人で行って来んべ」
とて、外の誰やらは遠去(とおざ)かったふうだと。したが、間もなくして、またやって来て、
 「やぁや地蔵さま。無事にヤヤコが生まれた」
 「そらよかった。産神様や、その子の定めはどんなんですかや」
 「んだ、その子は五つの五月節句までら。こりゃ、川の主さあげる命だな」
 

 「そうか、そら御苦労さまらったす」
とて、問答して、また、遠去かって行ったと。
 地蔵堂の中に行たオドは、
 「はあて、今のはオラのカカの事だべか」
 思うて、あわてて家に帰ったと。
 家に戻ったら、オギャー、オギャーって、男の子が生まれておったと。
 「あの神様の問答、やっぱりオラどこのことだったか」
とて、この事をカカにも話さずにいたと。

 その子は五つまで何事もなく育ったけど、とうとう、気がかりな五月節句の日がやって来たと。
 所の習慣(ならい)で、五月節句にゃ、魔除(まよ)けとて、屋根に蓬(よもぎ)と菖蒲(しょうぶ)を葺(ふ)いて、菖蒲湯とか菖蒲酒ってのをしたり、菖蒲鉢巻きとか菖蒲髪とか、何でもかんでも、臭い蓬と菖蒲を身に付ける。そして、若い笹の葉を取って来て、三角の笹巻(ささま)き飯(まんま)をこしらえるもんだ。
 

 挿絵:かわさき えり
 その子が笹巻き飯を持って、家の前の川で遊んでいたら、川から小童(こわらし)が出て来て、
 「オレと遊ぶべやぁ」
とて、呼ぶんだと。その子が、
 「笹巻き飯やるから、こっちさ来いちゃ」
 言うたら、
 

 「お前(め)、菖蒲くさくて、そばさ寄られねぇ」
 って言う。
 「んだら、ほらやっ」
 って、笹巻き飯を投げてやったら、小童の眼(まなぐ)さ刺ったと。
 「痛てて、痛てて」
 って、どかすか逃げて行ったと。
 その声でオドが外へ出て、よおっく見たら、その小童は河童(かっぱ)だったと。
 その子は、笹巻き飯で河童の難(なん)を除(よ)けて、それから、うんと長生きしたと。
 五月節句の笹巻き飯は魔除けになるんだと。

 ドンピン サンスケ サルマナグ。
 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

観音さま二つ(かんのんさまふたつ)

観音さま二つ(かんのんさまふたつ)

むかし、ある山奥に山姥(やまんば)が棲(す)んでおったと。山のふもとの村人が、山へ入って柴刈りや山菜採(さんさいと)りをしていると、どこからともなく…

この昔話を聴く

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

泣き味噌三文、笑ったら五文(なきみそさんもん、わらったらごもん)

あんたさん、こういう唄、知っていなさるかい。「泣き味噌小味噌 笑ったら五文 泣き味噌三文 笑ったら五文 あっぷっぷ」泣く子へのあやし唄でね、今はあまり聞かなくなりましたが、私ら子供のころはあちこちでよく唄っていましたよ。

この昔話を聴く

現在580話掲載中!