はんごろしとおてうちとほんごろし
『半殺しとお手打ちと本殺し』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ひとりの侍が旅をしていて、山の中で日が暮れてしまったと。
 真っ暗な山の中を、あっち行き、こっち行きして、ようやく一軒の山家(やまが)が見つかった。
 戸を叩(たた)いたら、中から、
 「戸は開きますで」
と、爺(じい)さんの声がした。
 戸を開けて家の中に入ると、侍は、
 「今夜一晩だけ泊めていただけまいか」
と、頼んだと。
 囲炉裏端で縄をなっていたお爺さんとお婆さんは、
 「ええとも、ええとも、なあ婆さんや」
 「はえ、はえ、困ったときはお互いさま」
 「婆さんも、ああいっとります。こんなあばら屋で、よかったらば」
 

 と、にこにこして招じ入れてくれたと。
 侍はあったかいお粥(かゆ)をごっつぉになって、次の部屋に休ませてもらったと。
 旅の疲れで、すぐに眠ったが、そこは侍、真夜中ごろ、お爺さんとお婆さんのひそひそ話に、ふと眼をさました。耳を澄ますと、
 「明日(あす)はひとつ、半殺しがええべか、それども、お手打ちがええべか」
 「江戸のお侍さんだそうだで、半殺しがええかも知んないな、お爺さん」
といっている。
 さあ、侍はびっくりした。
 「これは、山賊の家かもしれん。とんだところへ泊ったもんだ」
 もう眠るどころではない。刀を抱いたまま布団の中でじいっと様子をうかがっておったと。
 四方八方、油断なく気を配って、すっかり気疲れした頃、朝になったと。
 

 「はて、襲(おそ)って来るのは夜(よる)の内(うち)かと思うたが……、さては、油断させておいて、不意をつく気だな。そうはさせるか」
 侍は刀をいつでも抜けるように身構えて、その時を待っておった。

半殺しとお手打ちと本殺し挿絵:かわさき えり

 すると、隣りの囲炉裏端のあたりで、コトコト音がして、
 「婆さんや、半殺しはまだか」
 「もう少しだよ、お爺さん」
との声が聞こえて来た。
 侍は肝(きも)をつぶして、
 「いよいよ来るか。何の、こっちから踏み込んでやる」
と、刀を掴(つか)むやいないや、パッと隣の部屋へ飛び込んだ。それへ、お婆さんが、
 「おや、お侍さん、もう起きたのかね」
と、のんびり声をかけた。
 「ん?」
と思って、婆さんの手元を見ると、婆さんはしきりにスリバチで何かをこねている。
 

 「はーて、何だかおかしな具合だな」
と、まるで狐に化かされたような顔で眼(まなこ)を点にしていると、婆さんは、
 「何もないけんど、半殺しでも、ごっつぉすんべと思うてな」
といって、出来立てのぼた餅をひとつ、手に乗せて見せた。
 「ははぁ、半殺しというのは、このぼた餅のことか」
 侍は、少し気が落ち着いて、
 「お婆さん、では、お手打ちというのは何のことかね」
とたずねると、
 「はぁ、お手打ちかい。そいつは、家で作ったそばきりのこんだ。本殺しといえば餅のこんだよ」
 江戸の侍は、これを聞くと一度に気が抜けて、ドシーンと腰をおろしてしまったと。

 どんべすかんこねっけど。 

 半殺しとお手打ちと本殺し挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

踊る骸骨(おどるがいこつ)

踊る骸骨(おどるがいこつ)

昔、あったてんがな。ある山方の村に、六ベェと七ベェいう仲の好(よ)い二人の男があった。二人は村に居ても、いい仕事もないし、遠い里方へ旅かせぎに出かけたと。

この昔話を聴く

雪ん子(ゆきんこ)

雪ん子(ゆきんこ)

昔、あるところに子供のいない夫婦がおったそうな。二人は毎日毎日お宮(みや)さんへお参りしては、「どうか、子供をお授けくだはりますように」と願かけをし…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!