くわばら くわばら くわばら
『桑原桑原桑原』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あったと。
 ある春先(はるさき)のうららかな日。
 縁側(えんがわ)で婆(ばあ)が爺(じい)の足の爪(つめ)を切ってやり、そばでは猫が大(おお)あくびだ。
 空の雲の上でも、そっち眺(なが)め、こっち眺めしていた雷(かみなり)さま、あんまり温(ぬく)くて気持ちいいもんだから、つい、こっくりこっくり、鼻ちょうちんだと。
 はっとして目ぇあいたら、そのとたんに足滑らせて雲から落っこちた。
 落ちて、落ちて、落ちたところが、井戸の中だった。
 

 挿絵:かわさき えり
 ドンガラリン、バッシャーン
 と、おっきな、おっきな音たてた。
 爪切り終えて、茶も飲みおえて、うっつらうっつらしてた爺と婆、それと猫、きもとばして縁側から転(ころ)げ落(お)ちた。
 

 「アワワ、アワワ」
 「イデ、痛デェー。ば、婆さん、何があった」
 「お、おら、まんだドキドキして……しゃべらんねぇ」
 「何か、落ちた音でねがったかや」
 「ほだ」
 「水の音も聴こえだな」
 「ほだ」
 「あれゃ、婆さん、あれ見ろ。井戸の屋根、穴ぁ開(あ)いだ」
 爺(じい)、地(じ)べたに座ったまんま指(ゆび)差(さ)したら、井戸の中から声がした。
 「助けてけれぇー」
 婆、あわてて爺の背中のかげにかくれた。
 「なんの声だべ、爺さん」
 「わがんねぇ、井戸の中みてだな」
 「ほだ。だれか落ちたべか」
 爺と婆、二人でおそるおそる井戸へ行き、なかを覗(のぞ)いてびっくりした。
 

 「なんだ、ほこさ落っだなぁ、雷さまでないか」
 「ほだ、何とか助けてけらっしゃい」
 「雷さまだら、自分であがれるだねか」
 「あがんべと思ったげんど、ほれ、太鼓は背負(しょ)ってる。風(かぜ)出す袋は背負ってる。雨降らせるジョロは背負ってる。それにへそ抜いだなの背負ってるもんだから、なんだって上(あ)がらんね」
 「ケガァ無(ね)がったか」
 「雷ァ、がんじょうに出来てるがら、打ち身だけだった」
 ほうか、ほんでは、と爺と婆とで雷さまを上げんべとしたが、あがんねがった。
 隣近所(となりきんじょ)みな呼んできて、はじめに太鼓あげて、風の袋あげて、雨ふらせるジョロあげて、ヘソ袋あげて、やっと雷さま上(あが)った。
 

 「いやいや、御世話になった。助けて呉(け)たみんなの苗字(みょうじ)教えてけらっしゃい」
 「隣近所はみな一族郎党(いちぞくろうとう)で、おらだち一族は桑原ていうなだ」
 「ああ、ほうだったか。これからは、もしおれが、そっちこっちでやかましくしたとき、桑原って三回言うてくれれば、ここさ来ねがら」
 こう約束して、雷さま、桑畑(くわばたけ)へ行った。 空ぁ見上げていだっけぁ、空からクモの糸みたいな一条(いちじょう)の光(ひかり)が降(お)りてきて、雷さま、それをつかんでのぼって行った。
 爺と婆と一族郎党は、雷が鳴ると桑原桑原桑原ってとなえて、雷さまに遠くへ行ってもらっていだった。
 昔に、こんなことがあったから、今でも雷が鳴っど、クワバラ、クワバラ、クワバラって三べん言うんだと。

 どんびんからりん すっからりん。
 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

たなばた女房(たなばたにょうぼう)

昔、ある山の村で、作物(さくもつ)を荒(あ)らしまくった狐(きつね)が、山狩(やまが)りにあって逃(に)げ場(ば)を失い、炭焼(すみや)き小五郎(こ…

この昔話を聴く

夢合わせ(ゆめあわせ)

夢合わせ(ゆめあわせ)

むかしむかしあったと。あるところにお大尽(だいじん)がいてな、正月の二日(ふつか)に何人もの下男下女を集めて、夢合わせしたそうだ。「わたしゃあ、こう…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!