しょっぱいじいさま
『塩っぱい爺さま』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに爺(じ)さまがあったと。
 がきて、町(まち)に市(いち)が立った。爺さま買い物に出かけたと。
 町ではピーヒャラ、ドンドンと笛太鼓が鳴り響き、浴衣(ゆかた)に下駄(げた)履(ば)きの人達が晴れやかな顔して、あの店、この店をひやかしている。賑やかだと。
 爺さまも、あれを見、ここをのぞきして楽しんでいたら、はや暮(く)れ方(がた)になった。
 「早よう帰らにゃ。婆さまが心配する」
 いうて、魚と菓子を買うて帰ったと。
 ススキのいっぱい生(は)えている野っ原にさしかかったら、狐が一匹、ピョンコ、ピョンコ跳(は)ねて戯(たわむ)れていた。
 

 挿絵:かわさき えり
 爺さま、一ちょ捕(と)っ掴(つか)まえてくれっか、と、風下(かざしも)から腹這いになって、こそっと近づいた。
 尾っぽを握(にぎ)り捕(と)るべと手を延(の)べたら、狐はひょいと跳ねて、爺さまの腕一本分遠ざかった。爺さま、ひと這いして、また掴まえるべと、狐はひょいと逃げる。またひと這いして手を延べたら、またもやひょいと逃げる。ようやく、さっと掴まえたと思ったら、ススキの花ばかり握っていたと。
 

 狐の姿も見失って、ふと我にかえった爺さま、あたりを見まわしたら、いつの間にか野っ原の中程(なかほど)まで来ていたと。あわてて道へ戻ったら、道端に置いといた市(いち)で買うてきた魚と菓子が無くなっていた。
 「ありゃぁ、狐に盗(と)られた」
 爺さま、まんまるい大っきなお月さまに照らされて、とぼら、とぼら帰ったと。
 爺さま、婆さまにひやかされたと。

 次の日、爺さま、また、市に買い物に行ったと。家を出るとき、
 「いっちょ、仇(あだ)討(う)ってやらねば気が済(す)まねぇ」
とて、ひと握り、塩を握って来た。
 野っ原に分け入(い)って、昼寝をしているふりをして待ったと。
 すると、やっぱり狐が出てきて、
 

 「こりァ、こりァ。昨日(きのう)おれからだまされた爺さまでねぇか。気持ちよさげに昼寝をしてござる。ようし、いっちょ小馬鹿にしてやんべ」
とて、葉っぱ頭にのせて、くるっと回って、爺さまの孫童(まごわらし)に化(ば)けたと。
 爺さま、薄目(うすめ)あけて見ていたら、その孫童、ちょこちょことかたわらへ近寄ってきた。
 爺さま、さっと手を延べて、今度ァ、その孫童の手を掴んだ。
 「さぁさ、爺と寝るべ、寝るべ」
 

 いうて抱(かか)えて、ドタバタする孫童の口へ、塩を無理やり突っ込んでやったと。孫童は、
 「爺さま、爺さま、何するや」
と叫んで、ススキの奥藪(おくやぶ)へ逃げて行ったと。
 その日の晩方(ばんがた)、爺さまが市(いち)から買うた魚と菓子を持って野っ原に差しかかったら、ススキの藪奥(やぶおく)から、狐が、
 「やぁや、塩っぱい爺さま行く、塩っぱい爺さま行く」
とて、弥次(やじ)ったと。
 爺さま、まんまるい大っきなお月さまに照らされて、ぴょんとひと跳ねしてやったと。

 どんぺからっこねっけど。 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛙聟(かえるむこ)

蛙聟(かえるむこ)

むかし、あるところに爺さんと婆さんが暮らしていたと。子供がなかったので、何をするにも張り合いがない。それで、毎朝毎晩、畑の行き帰りに道端のお堂の観音…

この昔話を聴く

あくやのしろど

あくやのしろど

むかし、あるところに『あくやのしろど』ていう仲の好(え)え夫婦いてあったと。して、どっち死んでも七年間は後添(のちぞえ)貰わねことに約束したわけだ。

この昔話を聴く

現在619話掲載中!