せつぶんのおに
『節分の鬼』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏な夫(とと)と妻(かか)があったと。
 二人は、朝は朝星(あさぼし)の出ているうちに畑へ行き、夜は夜星(よぼし)をながめながら帰ってくる毎日だったが、なんぼ働いても暮らしは楽にならなかったと。
 ある年の冬、寒(かん)も過ぎた頃、夫と妻、
 「そろそろ節分だな」
 「はえ、煎(い)り豆(まめ)用の豆なら取り置きしてあるから大丈夫。心配いらねぇ」
 「ん、そんなこと心配してねえ。そじゃねぐって、節分には、今までずうっと『福は内、鬼は外』って言ってきたわけだ」
 「はえ、家(うち)だけでねぐ、世の中、みんな『福は内、鬼は外』って、豆まいてきだった」
 

 挿絵:かわさき えり
 「んだ。んだども、ちいっとも福々(ふくぶく)しくなってねえ。それどころか、食うに困ることだってあった。んだべ」
 「はえ、なして(どうして)だべ」
 「なしてだか判(わか)んねぇ。判んねえけんど、おれ、このごろ鬼の気持のこと考えてだ」
 「はえぇ、鬼の気持って何だべか」
 

 「よくは判んねぇげんども、鬼が困ってやしないかなぁど思ってな。なんぼなんでも、世の中全部から『鬼は外』って言われで、おまけに『鬼の目ん玉ぶっつぶせ』って、豆ぶっつけられたんでは、さぞかし、情(なさけ)ないだべな、と思ってな」
 「はえ、そう言わっでみれば、そうだなや」
 「おれだちだって、たまに、この貧乏たれって目で、ひとに見られっことあるべ。その目と豆ぶっつけられるのと同じでねぇべか。おれのいやな思いと鬼のいやな思いは、たいしてちがわないんじゃねが、と考えていだったけど」
 「はえぇ、夫(とと)、難しいこと考えていだったなぁ」
 「どうせ、貧乏暮らしなら、困っている者同志、今年は鬼に優しくしたいと思うが、どうだ」
 「はえ。夫のいいように」
 「んだか。そんなら」
と、話し合って、節分の晩には鬼を呼ぶことにしたと。
 

 いよいよ節分の晩。
 あっちでも、こっちでも豆まきが始まった。
 「鬼は外、福は内、鬼の目ん玉ぶっつぶせぇ」
 って。
 鬼は、どこへ行っても豆をぶっつけられて、
 「痛て、痛て、いててー」
 いうて、逃げてきたと。そしたら、
 「鬼は内、鬼は内」
と呼ばっている家(いえ)があった。
 「やれ良(え)がった。みんな、ここの家で休ませてもらうべ」
というて、どがどがと鬼ども、その家に入って行ったと。
 夫と妻、囲炉裏で田楽(でんがく)焼いで、ドブロクも用意して待っていたから、鬼共におふるまいしたと。
 鬼共ぁ喜んで、一晩中(ひとばんじゅう)酒盛りして帰って行ったど。
 

 帰って行くとき、一番年寄りの鬼が、
 「こんな嬉しい節季(せっき)は初めてだ。お礼に痛(いた)み止めの薬の作り方教えて呉(け)る。万病(まんびょう)の痛(いた)みに効く薬だ」
というた。
 「酒をもやして、炎の中から、こうして取れよ」
といいながら、実際に薬を作ってみせたと。
 鬼共が帰ったあとで、夫と妻、その薬を試して見たら、妻の頭痛がとれて、すっきりした。夫の歯痛(はいた)もケソッと消えた。
 この薬を近所の人の腹病(はらや)みに飲ませたら、たちまち効(き)いたと。
 そしたら、口(くち)伝(づた)えでほうぼうに報(し)れわたり、売って呉(け)れ、という人がひきもきらずにやってきたと。
 薬は売れに売れて、夫と妻はたちまち分限者(ぶげんしゃ)になったと。
 これも鬼のおかげだというわけで、今でもそこの家では節分には、
 「鬼は内、福は外」
と、豆まきしているっけど。

 どんぴんからりん、すっからりん。 

 挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

爺か神か(じいかかみか)

爺か神か(じいかかみか)

昔、あるところにお爺さんとお婆さんがおったそうな。あるとき、お爺さんが山へ木ィ挽(ひ)きに行ったと。朝まから木をゴリゴリ、ゴリゴリ挽きおったら、のど…

この昔話を聴く

貧乏神(びんぼうがみ)

貧乏神(びんぼうがみ)

昔あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男がおった。男は、食う物ぁ食わんとっても、寝とる方がええというほど仕事嫌いだったと。ある年の節分(せつぶん)の…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!