いきばり しにばり
『生き針 死に針』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがしあったけど。あるところに父(とど)と母(かが)と小んまい男子(やろっこ)が住んでいだけど。
 正月二日に初夢見ると幸せになるというが、その男子だけが初夢を見だけど。
 四日の夢合わせで、父も母も、男子の夢を聞ぎでども、男子は教えねけど。
 なんぼだましてもすかしても教えねので、男子を箱に入れて海に流してしまたけど。
 

 挿絵:かわさき えり
 流れ流れて、鬼ヶ島(おにがしま)に着いたところ、鬼がやって来て拾って行ったけど。鬼の館(やかた)で、
 「人間拾て来た」
というど。鬼婆(おにばば)さまは春陽(はるひ)の暖(あった)こえところさ寝ころんで、
 「しらみ見でくれ」
 ていうので、しらみをとってやると、気持ちよぐなてクラリ、クラリといねむりしったけど。
 

 男子があたりをながめると、舟のようなものがあったので、
 「婆さま婆さま、あれ、何するものだぞし」
 て聞ぐど、鬼婆さま、半分眠っているだはで分別ねぐなって、
 「あれが、あれは千里(せんり)馳(は)しる舟で、ともの方を握りこぶしでトンと叩(たた)ぐど、千里馳せる舟だ。」
 ていうけど。
 またながめると、箱みだいだ物があるので、
 「婆さま、婆さま、あの箱はなんだぞし」
 て聞ぐど、
 「あれが、あれは死に針、生き針というもんで、こっちの方でチカチカンと刺(さ)せばすぐ死んでしまうし、こっちの方でチカチカンと刺せばすぐ生きかえるもんだ、ムニャムニャ」
 て、教えでくれだけど。
 婆さまは気持ちよぐなって、グウグウて眠むてしまたので、男子は針箱をもって、千里馳せる舟に乗って、舟のともをコンコンと叩いだば、さあ、たったたちまじ、千里も馳せって、運よく酒田の港さ着いだけど。
 

 そこで、舟のともをコンと叩いで押し出してやるど、また、千里も馳せって舟は見えなぐなてしまたけど。
 男子は針箱を持って行くが行くが行くと、大きな柳の木があって、その下に馬食(ばくろ)うと白い馬がいたので、死に針を試してみようと思て、馬の額(ひたい)をチカチカンと刺したば、馬はハーンて鼻息(はないき)吐(は)いて死んだけど。
 馬食(ばくろ)うは、
 「何で急に死んだべ」
 て、行ってしまたけど。
 そこで生き針をチカチカンと刺すと、今度はイーホホホと立ちあがったけど。
 男子はその馬さ乗って、シャンシャンと駆(か)けて町の中まで来たば、なんだが人がドヤドヤて往き来していだけど。聞いてみだば、
 「分限者(ぶげんしゃ)どのが、いま死んだどこだ」
 て、騒(さわ)いでいだので、分限者どのの家さ行って、
 「こんにちは、こんにちは、分限者どご生がして呉(け)るがら、見せでくれ」
 て頼むど、親類衆が相談して、
 

 「こげだ乞食(こじき)みでだ者に見せでも何ともならね」
 て、いうど。
 「いやいや、そうでもねもんだ。生がしてくれるというがら、見でもらった方が良(え)でねが」
 て、いうごどになったけど。
 男子が分限者の額をなでるまねして、生き針でチカチカンて刺したば、
 「おお、こわがった。死んで三途の川(さんずのかわ)渡った夢見でいだ」
 て、生きかえったけど。
 よがった、よがった、て、たくさんご馳走(ちそう)なって、三方(さんぽう)さ大判小判を貰(もら)って、また白い馬さ乗ってカンカンど走って家さ帰ったけど。
 「母や父や、金うなるほど背負て来た」
 ていうたら、
 「やろやろ、なに寝ごといってる。昼間になったさげ起ぎれ」
 て、いわっだけど。
 

 挿絵:かわさき えり
 したば、その男子は小便ゴッチャリたれで、夢見でいたなだけど。

 とっぴんからりん ねけど。
 

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鴨鳥権兵衛(かもとりごんべえ)

鴨鳥権兵衛(かもとりごんべえ)

むかし、ある村に権兵衛さんという猟師がおったそうな。権兵衛さんは、冬になったら山に入って、鴨取ったり、兎取ったりして、夏になったら川へ行ってウナギ釣…

この昔話を聴く

飯食わぬ嫁(ままくわぬよめ)

飯食わぬ嫁(ままくわぬよめ)

昔、あるところに吝(しわ)ん坊(ぼう)の男がおったと。日頃、飯(まま)食わぬ嬶(かかあ)が欲しいというておったが、そんな嬶はいるはずもない。ところが…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!