ざとうさまとぼたもち
『座頭さまとボタ餅』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐藤 義則
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、あるどこさ、爺(じじ)と婆(ばば)、あったけド。
 あるどぎ、旅道中(たびどうちゅう)の座頭(ざとう)さま、
 「どうぞ、一晩泊めて呉(け)らっしぇ」
 って、訪ねてきたけド。爺婆ぁ、
 「良(え)げす、えげす」
 って泊めだげんとも、困ったごどにゃ、ほの晩餉(ばんげ)にボタ餅(もち)コこさえで食うべどって居だがども、なんせ爺婆の貧乏所帯(びんぼうしょたい)だもんで、爺婆の分ばりしか無(ね)がったはで、なじょすんべって思案(しあん)したけド。
 ほんで、婆ァ、こっそら、
 「爺や、まんず寝ででござえ。夜ン間、ボタ餅コ出来(でげ)だらば爺ば呼ばっさえて。なス」
 って、語りコしたけド。すっと、爺ァ、

座頭さまとボタ餅挿絵:かわさき えり
 「婆や、声コ出して呼ばってァ、座頭さまさ感づがって大事(おおごと)ら。ほんで俺の足さ細引き綱(つな)コ結い付けで置ぐはげ、ボタ餅コ出来たらぐぐっと引っぱって、教えろや」
 って、語りコしたけド。すっと、婆ァ、
 「ハァ、これらだば座頭さまさ見ねぐて、良(え)え案配(あんばい)だな。」
 って、爺の足コさ細引き付けたけド。爺ァ、
 「座頭さま、座頭さま、早よ寝んべァ、なス」
 って、爺ど座頭さまど二人ァ、寝だけド。

 夜ん間えなってがら、婆ァ、こっそらボタ餅こしゃえで、くっくっと細引きの綱コ引っ張ったら、こりゃ何としたごどが、爺ァンでねぐて、座頭さま引っ張らって来たけドヤ。婆ァ、
 「あじゃ、なじょすんべ」
 どて、あたらふたらしてるど、座頭さま、

 〽  餅つぐど 目にはさやかに見えねども、
   足の綱にぞ驚(おどろ)かされぬ

 って、歌コ詠(よ)んで、一人でボタ餅コみんな食ってすまったけド。

 ドンペ カラッコ ナエケド。

座頭さまとボタ餅挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

疫病神と駄賃づけ(やくびょうがみとだちんづけ)

疫病神と駄賃づけ(やくびょうがみとだちんづけ)

昔々、あったず。あるどごにとても貧乏でその日暮らしをしている駄賃(だちん)づけがあったず。あるどき、遠くへ行っての戻り道で乞食(ほいと)に行き合ったど。

この昔話を聴く

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

馬方と鬼婆(うまかたとおにばんば)

むかし、馬を引いて荷物を運ぶ、ひとりの馬方(うまかた)がおった。ある日、馬方は山を越えた村へ出かけて行った。塩と魚をたあんと馬に背おわせて、コットリコットリ、峠(とうげ)までくると日が暮れてしまった。するとうしろから・・・

この昔話を聴く

現在628話掲載中!