ままこともぐら
『継子ともぐら』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、ある村に百姓家(ひゃくしょうや)があって、そこのお母ちゃんが継母(ままはは)であったと。
 田植えどきになったが雨の一粒(つぶ)も降らない。田んぼは干(ひ)あがったまんまだと。
 ずうっと遠くに大きな沼があるのだが、いつもの年よりも水かさが少なくて田圃(たんぼ)へ水が流れて来んのだと。
 桶(おけ)で水を汲(く)んで来ようにも、大人が朝星(あさぼし)夜星(よぼし)で両天秤(りょうてんびん)を運んで何十日もかかるくらいの仕事だったと。
 ある日、お父っつぁんが用事で何日か家を留守にした。そしたら継母が継子(ままこ)に、 

 挿絵:こじま ゆみこ
 「お前、田んぼに水掛けてこい。水掛けて来ねと飯(まま)食わせねぞ。家さも置かねぞ」
というた。
 継子は継子なもんで仕方なく水掛に行ったら、やっぱり一滴の水も流れていない。
 遠くの沼へ桶もって汲みに行っても、小っさい子供だもの、何ほどのことが出来る?
 「おかあちゃんのいいつけだけど、困ったなあ」
 

 と、途方(とほう)に暮れていたら、もぐらがいま少しで蛇(へび)に呑(の)まれようとしているのを見つけた。
挿絵:こじま ゆみこ
 「こらっ、弱いものいじめすな」
というて、継子は棒切れに蛇を巻きつかせて遠くに投げて捨てた。
 助けられたもぐらは、何べんも頭さげながら、土の中へ入って行った。
 少したったら、今度は別の大っきいもぐらが出て来て、

 

 「ただいまは子供を助けてもらって、どうもありがとうございました。ところで、何か気がかりのある顔をしているようですが、心配ごとでもあるのでしょうか」
というた。継子は、
 「いや、実は、おかあちゃんに田さ水掛て来ねと、家、追い出すだの、飯くわせねって言わって来たけども、俺らには手に余って困っているんだ」
と正直に言うた。もぐらの親は、
 「そんなこと簡単だ。おらだちの仲間集めて、みなして、沼から田圃まで穴あけて、水の道作って水出してあげますから、そこへ腰かけて待っていらっしゃい」
というと、出て来た穴に顔差し入れて、
 「もぐら一族一統(いちぞくいっとう)、みな出てこーい」
と呼びかけた。そしたらなんと、あっちからこっちから、土がもこもこ盛り上がって、たあくさんのもぐらたちが出て来た。親もぐらが、
 「この田んぼに水を引く穴を、むこうの沼まで掘り進みたい。理由はこれこれこうだ」
 

 挿絵:こじま ゆみこ
 というたら、もぐらの一族一統、何列かに並んで土に潜(もぐ)り、一斉に掘り進んでいった。
 ほどなくして、もぐら穴を通じて、田圃へ水がどおっと流れ込んできた。水はたちまち、田をまんまんとみたしたと。
 継子はもぐらたちに礼を何べんも何べんも言うて、家に帰った。そしたら継母が、
 「田さ水掛けてきたか」
と恐い顔していうた。
 

 「はい、掛けてきました」
 「嘘(うそ)いうでねえ。子供のお前に出来るわけねえだろうが」
 「本当です」
 「まだいうか、ほんなら行って見てくるど」
というて、行ってみたら、まんまんと田に水がかかっている。びっくりした継母、
 「あんな遠くの沼から、こんなに短い時間で水をひくなんて、神がかりでねえと出来ん技だ。神がついた子を俺いじめていたか」
とひとり合点(がてん)して、後悔したと。
 「いや、おれが悪かった」
というて、あやまって、それからは家中皆々仲良く暮らしたと。

 どんぴんからりん すっからりん。

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

十伝どんと日見の狐(じゅうでんどんとひみのきつね)

むかし、長崎県の山田というところに、十伝どんという男がおったと。その頃、やっぱり長崎の日見の峠に、いたずらな狐が棲んでいて、ときどき人をだましていた…

この昔話を聴く

おしどり物語(おしどりものがたり)

おしどり物語(おしどりものがたり)

むかしむかし、ある山里にひとりの猟師(りょうし)が住んでおったと。村一番の腕っききで、獲物をねらったが最後、熊であれ、猪(いのしし)であれ、たった一…

この昔話を聴く

現在603話掲載中!