はすのはおうじょう
『蓮の葉往生』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 江戸表(えどおもて)で、蓮の葉往生(はすのはおうじょう)っていう場所が出来たことがあったのヨ。
 そこへ行けば蓮の花の中に入って、眠るように死ぬことが出来るというので、町から村へ、村から集落へ、ってずうっと伝わってなにがしかの小金(こがね)を持って、列をなして皆、蓮の葉往生へ行ったそうよ。
 その頃は、庶民(しょみん)には暮らしにくい世の中が続いていたらしいわ。年貢(ねんぐ)の取り立ては厳しいし、仕事にあぶれた人がいっぱいいたし、家の中では嫁(よめ)と姑(しゅうと)がいさかったり、年寄ってくるとゴクツブシって目で見られて、身のおきどころがなくなってくるし、いっそポックリ死にたいっていう人々が大勢いてね。 

 挿絵:かわさき えり
 
 そんなこんなのところへ蓮の花に包まれて眠るように、でしょ。今日も何十人、明日も何十人。

 大岡越前守(おおおかえちぜんのかみ)が、これはほおっておけん、って、秘か(ひそか)に調べはじめたのね。 

 ところが、そこへ行って遠くから見ていると、素晴らしい笛の音(ね)や太鼓(たいこ)の乱れ打ちがあったりで、けっこう気うつがとれるのよね。そして、その音曲(おんぎょく)と蓮の花に包まれて、眠るように死んで行く。お坊さんのお経のよむ声も聞こえている。列に並んで待っている年寄りに訊(き)いてみても、皆が皆、蓮の花に包まれて死ねるのは嬉しいって、待ち切れないような顔をして言うし、大岡様は自分でも、どこがなにして放っておけないのかわからなくなったんだって。
 奉行所(ぶぎょうしょ)へ帰って思案(しあん)していたら、やっぱり得心(とくしん)しなかった。
 ひとつは、自(みずか)ら命を捨てに来ていること。
 ひとつは、蓮の葉往生のあの場所が金を受け取っていること。
 ひとつは、蓮の花に包まれたら、何故死ねるのか判っていないこと。
 「そんな馬鹿な話はない。人が音曲やなにかで眠るが如(ごと)く死ぬなんてある訳がない。きっと何かある」 

 こう思い至って、屈強(くっきょう)な腕利き(うできき)の部下を客に仕立て、そこへやったそうよ。
 その部下が列に並んでいると、次から次と、死んでゆく。その度(たび)に笛の音がするどく高く鳴り響き、太鼓の音も強く乱打(らんだ)されている。
 いよいよその侍の番に来たら、木戸番(きどばん)みたいな、案内人みたいなのに、いぶかしがられた。
 「そんなに若いのに、なんでだ」
 「いやいや、この世に未練(みれん)は無い。女房には先立たれ、子供も疫病(えきびょう)で逝(い)ってしまった。一人ぽっちで世の中、もう面白くない。あの世で女房と子供に会いたい一心(いっしん)でござる」
 「ああ、そうか、わかった」
 って、その蓮の花の中に案内してくれたの。
 蓮の葉や花をこまかく見たけれども。何ひとつあやし気なところがないんだって。
 「こんなはずはない」
と思って、足元を見たら、下に二寸ぐらいの穴があいていたのね。
 「はてな、ここは臭いぞ」 

 って、隠し持っていた鉄扇(てっせん)を少し広げて穴にかぶせたそうよ。
 音曲が始まって、そしてその笛の音と太鼓の響きが最高潮(さいこうちょう)になったとき、座っている尻の下でチャリンて音がしたの。
 すぐに身構えて鉄扇をのけると、真っ赤に焼けた槍(やり)が穴を突き通して来た。かろうじて身をかわして、鉄扇でその槍の穂先を叩いたら、下から舌打ちする声が聞こえて来たんだって。
 蓮の花をこじ開けて出たら、万一、槍が失敗したときの為に囲(かこ)っていた侍くずれたちが、ばらばらって出て刀を向けて来たの。
 ところが大岡様が差し向けた侍だもの、腕っ利きの剣術使いよ。そんな三ぴん野郎どもに負けるわけない。片っ端からねじ伏せて、呼子(よびこ)をピーって吹いたの。
 そしたら、御用御用って、隠れていた岡っ引(おかっぴき)たちがワラワラ集まって来て、たちまち皆押えられてしまったわよ。
 蓮の葉往生なんて、とどのつまりは、無理殺し(むりごろし)の銭取り(ぜにとり)目的だった。
 

 挿絵:かわさき えり
  それから、蓮の葉往生なんてインチキは無くなったというわけ。

 どんびんからりん、すっからりん。 

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

狼と飛脚と泣く子(おおかみとひきゃくとなくこ)

狼と飛脚と泣く子(おおかみとひきゃくとなくこ)

むかし、むかしあったんだって。ある山の中に一匹の狼(おおかみ)がいたんだって。ちょうど今日みたいな寒い夜にね、狼は腹を空(す)かして、

この昔話を聴く

爺か神か(じいかかみか)

爺か神か(じいかかみか)

昔、あるところにお爺さんとお婆さんがおったそうな。あるとき、お爺さんが山へ木ィ挽(ひ)きに行ったと。朝まから木をゴリゴリ、ゴリゴリ挽きおったら、のど…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!