さるむこ
『猿むこ』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
再話 武田 正
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしあったとさ。
 爺(じ)さまが山の畑耡(うな)いに行ったと。
 あまりに疲れたので、
 「ああこわい(疲れた)。こんなこわい思いして畑耡うのはつらいなぁ。娘(むすめ)三人持ったが、この畑耡って呉(け)る者あれば、どれでもええ娘呉(く)れっけどもなあ」
と、独り言(ひとりごと)言うたづうなだ。そうすっと猿出てきて、
 「爺さ、爺さ、なに語った、今」
と言うた。

 「何も語らね」
 「何も語らねなてない。俺ぁ藪(やぶ)にいて聞いていた。何か語ったぞ」
 「いや、俺は本当は、あんまりこわいからこの山の畑耡って呉る人あれば、娘三人持てたが、どれでもええなな(のを)呉れるて、本当は言うた」
 「そんでは俺耡って呉っから、俺に呉ろ」
と言われて、
 「ええごで」
と返事して、猿に山の畑耡ってもらったども、家さ帰って来て、
 「こんなこと言うたって、ハイという子供もないし」
と、あまりに心配して、頭痛(や)めると言うて寝たづだ。

 そうすっど、一番大きい娘が、
 「父ちゃん、起きて御飯(ごはん)食え」
と言うたども、
 「いやいや、何も食いたくない。ほだども、俺の言う事聞いて呉れれば、起きて食うども」
 「なんの事だか、ほだら語ってみろ」
と言うので、
 「これこれこういうことで、猿出はってきて、山の畑耡って貰(もら)ったから、お前(め)嫁に行って呉んねえか」
と言うたれば、
 「何老(お)いぼれみたいなことこいでけつかる。猿のオカタ(奥方・嫁)に行かれっか」
と、枕(まくら)蹴(け)とばして逃げて行ったと。
 二番目の娘も、
 「父ちゃん、起きて御飯食え」
と言うたども、爺さま頼んだっきゃ、
 「猿のオカタに行かれっか」
と枕蹴飛ばして逃げて行ったと。
 末の娘来て、

猿むこ挿絵:かわさき えり
 「なんでも聞くから父ちゃん。具合の悪いのさえ治って呉れるごんだら、それでもええ。猿のオカタになって行くから、御飯食って治って呉ろ」
と言わっで、爺さま起きて御飯食って、何日にやると山の畑さ行って猿に会うて決めたど。そうして、末の娘は猿のどこさ嫁に行ったど。

 三月のお節句(せっく)に餅(もち)搗(つ)いて、嫁の里帰(さとがえり)だど。猿が、
 「この餅、何さ入れて持って行ったらええが。笹(ささ)さ包んで持って行くか」
と言うたら、嫁は、
 「いやいや、おら家(え)の父ちゃんは笹さ取れば笹くさいから食わねと言う」
と言うた。
 「重箱(じゅうばこ)さ入れっか」
 「いやいや、重箱さ入れれば、重箱くさいって食わね」
 「ほんだら、何さ入れて持って行く」
 「本当は臼(うす)さ入れてそのまま背負って行けば、父ちゃん大喜びして食うから、そうして持って行って呉れ」
となって、猿は搗いた餅入れた臼、そのまま背負って山を下りだど。

 途中まで来っど、川の上さ桜なびいて、何ぼかきれいに咲いていた。嫁が、
 「父ちゃんは桜好きなな(なの)だから、桜の枝取って持って行けば喜ぶから取って呉ろ」
と言うたら、猿は背負った臼、おろそうとしたど。嫁、
 「いやいや、土さ下ろすど土くさいて言うて、決して食わねがら、そのまま背負って登って呉ろ」
と言うたれば、猿、臼背負ったまま木さ登った。
 「これでいいか」
 「ンだな、それよか、も少し向こうの枝だとええな」
 「ンでは、これかぁ」
 「いやいや、いま少し枝のええどこ取って貰いたいなぁ」
 こう言いあいながら猿をだんだんと上さやると、猿は重いもんだから、バギッと桜の木折れて、川の深いどごさ落ちてしまたけど。

 猿、臼背負ったまま流されながら、

 川に流るる猿の生命(いのち)は
 惜しくはなけれど
 あとに残りし姫(ひめ)恋しや

 と詠(うた)ったど。
 末娘は家さ帰って、爺さまの跡とりして、一生安楽に暮らしたけど。

 どんぺからっこねっけど。

猿むこ挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

昔、あったと。あるところに金持ちの欲深(よくぶか)爺(じじ)と婆(ばば)がいたと。ある晩げのこと、旅の六部(ろくぶ)がやって来て

この昔話を聴く

蛙女房(かえるにょうぼう)

蛙女房(かえるにょうぼう)

昔、あったてんがな。あるところに父(とっつあ)と嬶(かっか)があった。あるとき父が沼のほとりを歩いていたら、道端(みちばた)で一匹の蛙(かえる)が蛇…

この昔話を聴く

現在594話掲載中!