きつねのほうしゅとまたぎやはち
『狐の宝珠とマタギ弥八』

― 山形県 ―
語り 井上 瑤
話者 佐藤 亀蔵
再話 佐藤 義則
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 トント昔(むがす)、あったけド。
 ある所(どこ)さ、弥八(やはち)っていう狩人(またぎ)あったド。
 ある時(どき)、山へ狩りへ行(え)ったけド。
 日ィ暮って、木の洞(ほら)さ泊ってるど、ちょうど向い山の大きな岩洞(いわあな)みでら所さ、狐(きつね)コら寄って、尾っぽさ火コとぼして、一列ぇ並んで居だけド。
 弥八ァ、狐コら奇態(きたい)な事するどて、
 「こえつァ、狐の婚礼(むがさり)つうもんだべが。ハテ、オレばだます気ィらべが」
 どて、息ころして見で居だド。

 ほしたら、一番前(さき)さ立った大将狐ァ、懐(ふところ)がらピカラピカラ光る宝珠(ほうしゅ)の玉ば出して、双手(もろて)さ、うやうやすく戴い(いただい)で、

 〽 見(めぇ)る める める める める
  見ないものざァ にほんのヤハァズ

 どて唱えで、次の狐コさ手渡したけド。
 すっと、次の狐コも双手さ戴いで、

 〽 見る める める める める
  見ないものざァ にほんのヤハァズ

 どて唱えで、次さ渡すならけド。
 だんだん終(すんま)えさ渡って来っと、終えの小っさえ狐コ、また元の大将狐さ持(たが)って戻すのに行ぐならけド。

狐の宝珠とマタギ弥八挿絵:かわさき えり
 弥八ァ、この有様(さま)ば見で、
 「こん畜生(ちくしょう)ら、いうにこど欠いで、見ぇない者ざ日本の弥八なの言ってけづがる。本に。明日の晩方(ばんげ)ァ見でろ、まず」
 どて、ほの晩ァ何も構ねで帰って来たけド。

 次の日、弥八ァ、狐の皮ば被って、昨夜(ゆんべ)の所さ構(かんま)えで、日ィ暮れんなば待ってらけド。
 ほしたらやっぱす、狐コえっぱえ寄って来て、一列ぇなって、

 〽 見る める める める める
  見ないものざァ にほんのヤハァズ

 どて、唱え始めだけド。
 弥八ァ、こっそら狐コらの一番尻(すり)さ並んで、順番来んなば待ででいだけド。ほうして、とうとう弥八の番さなったけド。

 弥八ァ、宝珠の玉ば双手さありがたく戴いで、

 〽 見る める める める める
  見ない者ァ 日本の弥八ざ 俺事(おれごん)だァ

 どて叫(さけ)ぶが速いが、宝珠の玉ば懐さ入れで、一散(えっさん)と逃(ね)げで来たけドワ。

 ほれがら、狐ァ世の中ば見る眼力(がんりき)無ぐしたけド。
 弥八ァ、宝珠の玉で願い事ば叶えで、幸福(しあわせ)えなったけド。

 ドンピン サンスケ ホーラの貝。

狐の宝珠とマタギ弥八挿絵:かわさき えり

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

ネズミの金干し(ねずみのかねほし)

ネズミの金干し(ねずみのかねほし)

昔、あるところに爺さがおったと。爺さ、山に焼畑(やきはた)に行ったと。四隅(しすみ)を畝(うな)い、木組(きぐみ)をして焼き飯を供(そな)え、山の神…

この昔話を聴く

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

現在611話掲載中!