ほととぎすのきょうだい
『ホトトギスの兄弟』

― 山形県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし。
 あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、
 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」
と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。
 五月に入ると、山芋(やまいも)が食べごろになった。弟は、土深くうまっている山芋を掘(ほ)ってきては、
 「あんちゃんは病気だから、うまいとこを食ってけろ」
と、兄には山芋のうまいとこを食わせ、自分は皮やつるのまずいとこばかり食っていた。

ホトトギスの兄弟挿絵:かわさき えり
 兄は、そんなことなど知らんから、はじめは、
 「うまい、うまい」
と、山芋を食っておったが、だんだん、
 「おれは働かなくても、こんなにうまいものを食っているのだから、弟はどんなにうまいものを食っているかわからん」
と、思うようになった。

 ある夜、兄はどうでも弟の食っているものが見とうなって、寝ている弟を殺してしもうた。そして、腹をさいてみたところ、弟の腹の中は、山芋の皮やつるばかりだった。兄は、
 「自分でまずいとこ食って、おれにうまいとこ食わせていたのか。こんな兄思いの弟を殺すなんて、おれはほんとに悪いことをしてしもうた」
と、後悔したが、もう取り返しはつかん。
 兄は、泣いて泣いて泣き通した。泣いているうちに、いつか、ホトトギスになってしまい、
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と、山の中を飛び回るようになったと。
 今でもホトトギスは、山芋のとれる五月になると、
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と、毎日、八千八声鳴く。ホトトギスの口ばしが赤いのは、あんまり鳴きすぎて、口から血をはくからだとさ。それでモズは、ホトトギスをかわいそうに思って、虫をとっては木の枝にさしておいて、ホトトギスに食べさせているんだと。

ホトトギスの兄弟挿絵:かわさき えり
 山に行ったときには、ホトトギスの鳴き声をよーく聞いてごらん。
 
 〽 弟恋しい 弟恋しい
 
と聞こえるから。

  どんぺからっこ ねっけど。

山形県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

幾つになっても(いくつになっても)

幾つになっても(いくつになっても)

昔、あるところに爺さんと婆さんが二人して暮らしていたと。爺さんと婆さんは、年が年とて、畑仕事がきつくなってきた。爺さんは、お寺の和尚(おしょう)さんに掛(か)け合って、寺奉公(てらほうこう)することにしたと。

この昔話を聴く

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

むかしあったと。ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、「親方(お…

この昔話を聴く

現在611話掲載中!