とっつこうか ひっつこうか
『とっ付こうか ひっ付こうか』

― 山口県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにお爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。
 あるとき、お爺さんは、山へ木を樵(き)りに行った。日暮れになってもカキンカキン樵っておったら、山の中から、
 「とっ付こうか、ひっ付こうか」
という声が聞こえてくるんだと。
 お爺さんは、ああ気味悪いと思ったけれども、知らぬ顔して木を樵っていた。
 するとまた、
 「とっ付こうか、ひっ付こうか」
と、言ってきた。
 『こんだけ年を取ったんじゃ。何が来ても、ま、恐れることはない』
 こう思って、
 

 「とっ付きたきゃあ、とっ付け。ひっ付きたきゃあ、ひっ付け」
と、言った。
 そしたら、身体(からだ)が重く重くなって来たと。
 「こりゃおかしなことじゃ。何がひっ付ただろうか、ひどく重たくなってきよった」
と、やっとこさで家へ帰って来た。
 「婆さんや、何か知らんがこんなにたくさんついたが、まあ、見てくれ」
 それで帯(おび)をといて見たところが、小判(こばん)がいっぱい身体にひっ付いている。
挿絵:かわさき えり
 

 「ありゃ、こげなええ物がひっ付いて。良かったのお、お爺さん」
 「ほんに、のお、お婆さん」
 言うて、二人で喜んでその小判をむしり取ったと。
 ところが、それを隣(となり)の欲深爺さんが見て、次の日、雨が降るのに山へ行った。
 真似(まね)をして木を樵っていると、日が暮れた頃、
 「とっ付こうか、ひっ付こうか」
と、聞こえて来た。
 これだ、これを待っていた、と、
 「とっ付きたきゃとっ付け、ひっ付きたきゃひっ付け」
と、言い返した。すると、ほんとに身体が重くなって来た。
 こりゃまあ、ごつい小判がひっ付いたぞ、一枚でも落しちゃあならんと思って、そろりそろり歩いて戻った。
 「婆さんや、まあ見てくれ。わしにも重たいほどひっ付いたで」
 「そうかえ、どれどれ」
と、婆さんが、まきの火を近づけてみると、何と、爺さんの着物に松やにやら、蛇(へび)やら、みみずやらが、いっぱい付いていた。 

 びっくりした婆さんが、おもわず火のついたまきを落したからたまらん。松やにに火がついて、欲深爺さんは身体中(からだじゅう)火だるまになって、とうとう死んでしまったそうな。

 これきりべったり ひらの蓋(ふた)。

挿絵:かわさき えり
 
 

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

死神の魂袋と扇(しにがみのたましいぶくろとおうぎ)

むかし、あるところに病気でふせっている娘がおったと。娘の病気は日に日に重くなって、いよいよ今日死ぬか、明日死ぬかという日のこと、真夜中になって一人の…

この昔話を聴く

仁王とどっこい(におうとどっこい)

仁王とどっこい(におうとどっこい)

むかしむかし、日本に仁王という男がおって、力持ちでは日本一だったと。あるとき、仁王は八幡さまへ行って、「唐の国には、“どっこい”という名の力持ちがいるということだから、わしはそれと力競べしてくるべと思うとるが」と、お伺(うかが)いをたてたと。

この昔話を聴く

現在663話掲載中!