じゅんめぐり
『順めぐり』

― 山口県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、一人の猟師(りょうし)がおったげな。
 ある日、鉄砲をかついで山に出掛け、藪(やぶ)にしゃがんで獲物(えもの)が来るのを待っちょったげな。
 そしたら、ミミズが一匹出て来たと。
 猟師がミミズに見とれちょると、どこからか蛙(かえる)が一匹出て来さって、パクッてミミズを呑んでしもたげな。
 猟師がたまげて、その蛙を見ちょったら、こんだあ、蛇が出て来よった。
 そして、ミミズを呑んだ蛙を、キュウッと呑み込んでしもうたげな。
 猟師は、面白うなって、その蛇を見ちょると、こんだぁ、空から雉(きじ)が飛んできょって、スウッと下りて来るが早いか、その蛇をくわえて舞い上がって行ったげな。 

 挿絵:かわさき えり
 雉は、ええかげん高(たこ)う上(あ)がると、くわえちょった蛇を、パタッと落としたんじゃと。
 それからまた、スウッと下りて来よって、落した蛇を、またくわえて舞い上がり、ええかげんのところで、また落したげな。
 雉は、こんなことを三べんも、五へんもくり返しよったが、そうしちょるうちに、蛇はとうとう死んでしもうたんじゃと。
 

 蛇が動かんようになると、クチバシでつついて、蛇をきれいに喰うてしもたげな。
 ここまで見ちょった猟師は、
 「ほい、ばかじゃった。早よう雉を射たんにゃあ逃げるがに」
 ちゅうて、鉄砲をかまえて雉を射とうとしたんじゃあ。
 したが、ひょいと考えたげな。
 「まてよ、蛇を殺してくうた雉を、わしが射って殺すと、次にゃ、このわしが、また何かに殺られてしもうじゃあなかろうかいのお」
 ちゅうて、気に掛かり出したげな。
 目は、ずっと雉をねろうちょるのに、指の方が言う事きかいで、どうにも、こうにも引き金が引けんかったと。
 とうとう、猟師は、雉を射つことが出来いで、鉄砲かついで山を下りてしもうたげな。
 順めぐりが、恐ろしゅうなったんじゃ。
 その猟師の耳に
 「猟師よ、命をひろうたなぁ」
 ちゅう恐ろし気な声が響いて聞こえげな。 

 猟師はうしろも振り向かんと下りてしもうたげな。
 その背中の方の空で、大きな目玉が二つ、金色に光っておったげな。

 これきり べったり ひらの蓋。

挿絵:かわさき えり
 
 

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

山姥報恩(やまんばほうおん)

山姥報恩(やまんばほうおん)

昔、あるところに、ちゅうごく忠兵衛(ちゅうべえ)さんという人があった。なかなかの善人(ぜんにん)だったと。ある冬のこと。その日は朝から雪が降って、山も畑も道も家もまっ白の銀世界だと。寒うて寒うて、だあれも外に出ようとせんかったと。

この昔話を聴く

泰作さんとお奉行さま(たいさくさんとおぶぎょうさま)

泰作さんとお奉行さま(たいさくさんとおぶぎょうさま)

とんとむかし。四国(しこく)の土佐(とさ)、今の高知県(こうちけん)の中村(なかむら)に、泰作(たいさく)さんというとんちもんが住んでおった。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!