『まぁだまだわからん』

― 山口県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 今はクレジットカードの世の中ちゅうて、まんだ手にもしていない先(さき)の金(かね)を当てにして、物を買(こ)うたり、金を借りたり、そんな風だんが、金ちゅうは、手にしてはじめて使うもんじゃ。昔にこんな話がある。
 むかし、むかし、大層(たいそう)日照(ひで)りの続いた年があった。蕎麦(そば)をまきたくとも、雨がひとつぶも降らない。いくら待っても日照りばかり。
 かといって、まきどきをはずすと実がならん。とうとう、思いきってまいたと。
 何日かたって孫が畑へ行ってみたら、蕎麦が生(は)えていたと。それを見て孫が大層喜び、畑から大いそぎで帰ってくると、大きな声で、 

 「爺(じい)さ、爺さ、蕎麦がはえちょるでの、雨が降らんけえ生えんかと思うたが、生えよらぁな」
というて、大さわぎだ。それを聞いた爺さが、
 「へえーん、そうかぁの、蕎麦は少々(しょうしょう)日照りでも生えるちゅうことじゃが、今年のように日照りじゃぁどうかと思うたが、生えたかや」
というた。そしたら孫が、

挿絵:かわさき えり
 

 「はあ、心配ないでの、爺、蕎麦は食えるでの」 と、はしゃいでいうた。爺は、
 「うんな、まだ分からん。ものちゅうもんは、そねえ早よう騒ぐもんじゃない」
といさめたと。
 それから何日かたって、孫が畑へ行ったら、蕎麦が大きくなって、うまいこと花が咲いた。
 「爺さ、爺さ、畑一面蕎麦の花が真っ白う咲いちょるで、今度ぁ蕎麦は食える」
 「うんな、うんな、まだ分からんて」
 それからまた、何日か経(た)って、畑へ行ってみた孫が爺に、
 「爺さ、爺さ、今度こそ心配ない。真っ黒い三角の実がいっぱいなっちょるけえ。今年は本当によう出来ちょる様(よう)なで。はあ、まちがいない。蕎麦は食える」
というと、爺さ、 

 「ものちゅうものは、そねえに、やぁやぁ言うもんじゃなあ。最後のどたんばまでは分からんもんじゃて」
と、いうた。
 「まぁ、うれたちゅうんなら、蕎麦刈(か)りしようやぁ」
ということになって、蕎麦を刈って、干(ほ)して、それから家へ持って帰って、たたいて、いよいよ蕎麦の実になったと。孫が、
 「早よう蕎麦食べよう。蕎麦食べよう」
というから、早速(さっそく)、臼(うす)へかけて粉をひいて、もろぶたへ入れて台所へ持って行った。
 孫はそれを見て、やぁやぁいうて喜んだと。 囲炉裏(いろり)の端(はね)で、濃いいい茶を煮出して、茶碗(ちゃわん)に蕎麦の粉をいれて、グルグル、グルグルまわして、いよいよかき蕎麦が出来上ったと。
 

 それを見た孫が、
 「爺さ、爺さ、いよいよこれで蕎麦が食えるでの。今度ぁ、なんぼう爺さでも『んんなぁ未だ分からん』たぁ言うまぁの」
というたと。ところが、爺さ、また、
 「んんな、未だ分からんてい。いよいよ口(くち)に入るまでは分からんてい」
というんだと。そしたら孫が、はぁはぁ笑(わろ)うて、
 「爺さちゅうなぁ、なんと念(ねん)がいっちょるのう。これでも未だ分からんちゅうじゃけえ」
というた。 そしたら、どうしたはずみか、つい、茶碗がコロッとひっくり返って、前の囲炉裏の灰の中へ、ころげ落ちてしまったと。すると爺さ、 

 「そうら見いの。ものちゅうものは、いよいよ終(しま)いまで分からんちゅうんじゃい。今かたまで笑うていたが、どうかぁの」
というたと。

 これきりべったりひらの蓋(ふた)。

挿絵:かわさき えり
 
 

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿地蔵(さるじぞう)

猿地蔵(さるじぞう)

むかし、あったけど。むかし、あるところに爺さがおって、白い餅(もち)が大好きだったと。この爺さが川辺りの畑に畑仕事に行ったときのことだ。昼げに持って…

この昔話を聴く

火男の話(ひょっとこのはなし)

火男の話(ひょっとこのはなし)

むかし、あるところに爺さまと婆さまがおったそうな。ある日のこと、爺さまは山へ芝刈りにいって、大きな穴をひとつ見つけたと。「こんな穴には悪いものが棲む…

この昔話を聴く

現在602話掲載中!