としこしのまめ
『年越しの豆』

― 山口県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかしの大昔、あちこちの山やまに鬼(おに)がたくさん棲(す)んでおったと。
 その鬼どもが里に出て来ては、子供をとって喰ってしまうので、里の人たちはほとほと困っておったと。
 親たちが立ち向かってもとうていかなう相手ではない。この上は神さまにお助けしてもらうよりほかはない、と、里人(さとびと)皆して三斗五升七合(さんとごしょうななごう)の餅(もち)をついてお供えし、御酒(おみき)も添(そ)えて神さまにお願(ねが)いしたそうな。
 願いの言葉を聞かれた神さまは、さっそく鬼どもを集めて、 

 「今後、年越しの晩に里の人間たちがまく豆の中で、芽(め)のはえたものがあればその家の子供をとってもよい。しかし、芽のはえる豆がないのにもし子供をとって喰(く)ろうたら、そのときは、お前たちの金棒(かなぼう)を取り上げてしまうことにする。よいな、きっとつつしめよ」
と申しわたされたと。
 鬼どもは、金棒を取り上げられては力が出ないので、しょうことなく承知(しょうち)したと。

挿絵:かわさき えり
 

 神さまのお告(つ)げでそのことを知った里の親たちはようやく安心し、年越しの豆はきっちり炒(い)ってからまくようになったと。
 ところが、ひとりのずぼらな親が、年越しの晩の豆を、ちゃんと炒らずに半生(はんなま)のまま、まいてしまった。
 そしたら、さっそく、おそろしげな鬼どもがその家にやってきて、
 「子供を出せ、子供を出せ」
と、どなったと。
 親がこわごわ
 「なぜじゃえ、豆は炒ってはるはずじゃぞ、芽は出やせん」
というたら、鬼どもは手に手にその親がまいた豆をとり出し、歯でかんでみせた。
 

 「みてみい、これこのとおりじゃ。ぱりっとも、ぷりっとも音がせぬわい。お前もかんでみろ」
というので、その親がかんでみると、なるほど鬼がいうように、青臭(くさ)くて食べられない。
 「どうじゃ、それじゃ芽が出る花も咲くぞ。さあ、子供を出せ、早よ出せ」
と、金棒をドスン、ドスン打ち鳴(な)らして迫(せま)ったと。親は
 「堪忍(かんにん)して下され、堪忍して下されぇ」
と泣きあやまったと。
 そしたら、神さまがこの声を聞きつけられて、あらわれた。
 

 「これこれ、鬼どもや、あわててはならん。それは年越しの豆ではないぞ。この親はずぼらな親で、まだわしに供えてはおらん。わしに供えもせん豆は年越しの豆ではない。もうしばらくしてまく豆が本当の年越し豆だから、あわてず、そのときの豆をみるがよい。そうじゃな、そこな親」
 「は、はい、きっと炒りましてお供えしたのち、まきまするう」
 「ほれみい、こういうておる。もしそのときの豆の中に芽のはえるのがあれば、そのときにはお前たちの好きにするが良い。あわてるまいぞ、あわてるまいぞ」
と、いわれて、その親の子供を助けなさったと。
 それからこっち、年越しの豆は念(ねん)には念をいれて炒るようになり、まず神さまにお供えしてから、そのあとで
 「福は内、鬼は外」
といって、豆をまくようになったと。
 これきりべったりひらの蓋(ふた) 

 挿絵:かわさき えり
 
 

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじいさま)

鬼を笑わせた爺さま(おにをわらわせたじいさま)

むかし、あるところにひとりの爺(じ)さまが住んでおったと。爺さまは面白い昔(むかし)こ語(かた)っては、ひとを笑わせていたと。ところが爺さまも年齢(…

この昔話を聴く

蜘蛛女(くもおんな)

蜘蛛女(くもおんな)

昔あるどごろに、小間物(こまもの)の行商(あきない)している男がいであったど。ある在郷(ざいごう)を行商して歩(あり)いている内(うち)に、道に迷っ…

この昔話を聴く

現在619話掲載中!