とらとかたつむりのきょうそう
『虎と蝸牛の競争』

― 山口県阿武郡 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、ある竹藪(たけやぶ)の中に、大きな虎(とら)が一匹住んでおったと。
 虎は日ごろから、ひととび千里(せんり)じゃ、と走ることの早いのを自慢(じまん)にして、いばっておったと。
 ある日のこと。
 虎が竹藪の中を遊び歩いていると、蝸牛(かたつむり)に出会ったと。蝸牛が、
 「虎さん虎さん、毎日こう藪の中にいるちゅうのは、気がめいるもんですな。今日は天気がええし、ひとつ、原っぱの向こう端(ぱた)まで駆(か)け競(くら)べして気をはらそうじゃないですか」
と言うた。虎は、
 「なんじゃて、このおれと駆け競べしようてか。おまえ、気でも狂(くる)ったんかい」
と言うて、相手にせんかったと。

虎と蝸牛の競争挿絵:かわさき えり
 そしたら蝸牛が、
 「いやあ、わしが日ごろずるずるしちょるからちゅうて、そねえにこけにしなさんな。これでも、いざっちゅうときにゃぁ、あんたに負けるもんじゃない。言うちょるより、さぁひとつやりましょうえの」
と言うたので、つい虎はつりこまれて、
 「ふん、それじゃ、やってみるか」
と言うたと。

 大きな虎と小さな蝸牛とが、競争(きょうそう)をすることになった。
 いちにのさん、の掛け声で走り出したと。
 虎は、自慢のひととび千里の勢いで、またたく間に原っぱの向こう端に着いたと。そして、後ろをふりかえり、蝸牛は今ごろ竹の一節(ひとふし)くらいは来たじゃろかい、と思って、今来た向こうを見ていると、後の方から、
 「よおい、虎さん、遅(おそ)かったじゃなですか。わしゃあさっきからここに来て、どひょう待っちょりますえ」
と、声がしたと。虎は、
 「えー」
と言ったっきり、次の言葉が出てこない。
 「も、もういっぺんやろう」
 「いいですよ」
となって、元の場所まで、また駆け競べをしたと。
 けど、やっぱり虎は負けたと。
 虎は不思議(ふしぎ)でならない。気味悪(きみわる)そうに蝸牛を見て、藪の中へ姿を消したと。

虎と蝸牛の競争挿絵:かわさき えり
 実は、蝸牛は虎がとび出すはずみで尾(お)を地面につけたとき、その尾に取り付き、急に止まって尾を払(はら)ったとき虎の向こうに飛んだんだと。
 そうとはしらない虎は、それからは蝸牛の前では、ひととび千里などと言って、いばらなくなったと。

  これきりべったり ひらの蓋(ふた)。

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

とんと昔のことたい。筑前(ちくぜん)の国、今の福岡県の福間の里(ふくまのさと)に花見(はなみ)という街道(かいどう)が一本通っておって、その道は、いつでもおさん狐が化(ば)けて出るところじゃったげな。

この昔話を聴く

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

現在622話掲載中!