へひりばあのはなし
『屁ひり婆の話』

― 山口県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところにひとりの婆(ばあ)さんがあった。
 婆さんは、お年貢(ねんぐ)の頃に上納(じょうのう)する米の計量(はかり)をちょろまかすのがうまくて、役人(やくにん)は困(こま)りはてていたと。
 どんなに目をこらしていても巧(たく)みに桝目(ますめ)をごまかしたと。

屁ひり婆の話挿絵:かわさき えり
 殿様(とのさま)はくやしくてならんのだと。そこで、二人の役人に言いつけて、その婆さんの米を量(はか)る番をさせて、
 「それでもなお桝目をごまかせたなら、上納米をゆるしてやろう。もし露顕(ろけん)したら重い罰(ばつ)を与(あた)えよ」
というたと。

 婆さんは二人の役人のいる前で、一升(いっしょう)、二升と量っていったが、二人も目を光らせているので、桝目をごまかす事が出来ない。
 婆さん、どうしてごまかそうと、色々考えたと。そして、顔をまっ赤にして気張(きば)って、ひとつ大きな屁(へ)をひった。
 その臭(くさ)いこと。
 役人は思わず顔をそむけた。
 その隙に婆さんは素早く米をつかんで、筵(むしろ)の下へ隠(かく)した。
 そしてなにくわぬ顔をして、また、一升二升と量ったと。量り終わって、役人は、
 「わしたち二人にニラまれていては、さすがの婆も、よう盗(ぬす)めなかったろう」
と、得意(とくい)になっていうた。
 婆さんは、黙(だま)って筵の下から米を出して見せたと。

  これきりばったりひらの蓋(ふた)。

屁ひり婆の話挿絵:かわさき えり

山口県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

お菊ののろい(おきくののろい)

お菊ののろい(おきくののろい)

むかし、上州(じょうしゅう)、今の群馬県沼田(ぐんまけんぬまた)というところに、小幡上総介(おばたかずさのすけ)という侍(さむらい)がおったそうな。

この昔話を聴く

現在657話掲載中!