うります、かいます
『売桝、買桝』

― 山梨県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、米、味噌、醤油を売る店があったと。
 いく代(だい)も続いて信用もあったのだが、どうしたわけか、だんだん身上(しんしょう)が傾(かたむ)いてきた。
 店の老夫婦は何とかして元通りに繁盛(はんじょう)させたいものだと、二人で相談して、「売桝(ます)」と「買桝」、それと、「売秤(ばかり)」と「買秤」を作った。
 売桝の方は正しい桝より少し小さく、
 買桝の方は正しい桝より少し大きい。
 売計りの方は正しい分銅(ふんどう)より少し軽くし、
 買計りの方は正しい分銅より少し重くしたと。
 仕入れるときは正しい目方(めかた)より少し多めに、
 売るときは正しい目方より少し少なめに 

 挿絵:かわさき えり
 こういう具合にすれば買いと売りとで両方余計に儲(もう)かるという寸法だ。
 卸問屋(おろしどんや)もお客も欺(だま)されて、店はだんだん身上がよくなってきた二人してほくそ笑(え)んでいたと。
 ところが、しばらくすると、
 「このごろ、あの店の桝目はこすくないか。どうも吝(けち)くさい」
と評判になって、客足が遠のきはじめた。 

 卸問屋の方でも、
 「あの店は、どうも勘定(かんじょう)より余計に品物を取られているような気がしてならん」
というて、取引するのを、だんだん嫌がるようになったと。
 こうして、買い手も売り手も寄りつかない有様となって、店は前よりますます傾く一方になったと。
 ちょうどその頃、この店には年頃の息子が一人あった。
 方々(ほうぼう)探して、ようやく嫁の来手(きて)が見つかったと。
 その嫁は望外(ぼうがい)の働きものだった。商(あきない)が好きとみえて、店に出たがるのだと。
 老夫婦は、「売桝」「買桝」と「売計り」と「買計り」がばれると困る。嫁に、
 「家の中のことをやっとればいいで」
というて、自分たちだけで店働きをしていたと。 

 嫁は、そうは言われても商好(あきないず)きだったから隙(すき)をみつけては二人の様子をじいっと見ていた。とうとう「売桝、買桝」の秘密を見破ってしまったと。
 「ははぁん、評判の悪いのは、あのせいだな」
と悟(さと)った嫁は、ある日、老夫婦に、
 「おらに店をやらしてけれ、それがいやなら、おら実家(さと)に帰らしてもらいます」
というた。
 傾きかけた身上で嫁に帰られてはなを困る。老夫婦は嫁に店働きをかわってもらうことにしたと。そうなれば二(ふた)とうりの桝と計りは嫁には見せられん。火にくべようとした。そしたら嫁は、
 「ぜひそれを、おらに譲(ゆず)っておくんなさい」
というた。
 それらを譲ってもらった嫁は、次の日から店に出て、老夫婦とは逆のことをはじめた。
 小さめの売桝で卸問屋から物を仕入れ、大きめの買桝でお客に物を売った。 

 それを見た老夫婦は、
 「ただでさえ傾(かし)ぎかかっとるのに、あんなことをされては大損(おおぞん)だ」
と気が気でない。
 ところが、買い手が家に帰って、試(ため)しに買ったものを量ってみたら十二分(ぶん)に多い。卸問屋でも勘定してみると、得をしている。
 「あの店も嫁の代になったら大変勉強するようになった」
と評判がたち、客は押しかける、卸問屋も競争でやって来て、良い品を安く卸して行くようになる。こんな有様で、店はみるみる大繁盛したと。

 いっちんさけえ。 

 挿絵:かわさき えり

 
 

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

猿に盗られた嫁さん(さるにとられたよめさん)

猿に盗られた嫁さん(さるにとられたよめさん)

昔、あるところに山(やま)の家(いえ)があって、猟師(りょうし)と嫁さんが一匹の犬と暮らしてあったそうな。ある日、猟師が犬を連(つ)れて猟に出かけた…

この昔話を聴く

こんな晩(こんなばん)

こんな晩(こんなばん)

むかし、一人の六部(ろくぶ)が旅をしておった。六部というのは、全国六十六ヶ所の有名なお寺を廻っておまいりをする人のことだ。六部たちは、夜になると親切…

この昔話を聴く

現在622話掲載中!