うりひめ
『瓜姫』

― 山梨県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところにお爺さんとお婆さんがあったそうな。
 ある日のこと、お爺さんは山へ薪(たきぎ)取(と)りに、お婆さんは川へ洗濯に行ったと。

 お婆さんが川の端(はた)で洗濯をしていると、川の上(かみ)から大っきい瓜がひとつ流れてきた。お婆さんは棒で掻(か)き寄せてその瓜を拾うた。
 「やれ、いいもの拾うた。晩方(ばんがた)、爺さんの酒の肴(さかな)にしてやろう」
というて、持って帰って戸棚(とだな)にしまっておいたと。
 晩方寄りになってお爺さんが山から帰って来た。 

 挿絵:かわさき えり
 「婆さん、今帰ったぞ」
というたら、お婆さんが嬉しそうに、
 「ご苦労さんでした。爺さん、いいモンあるで、早う上(あが)って下さい」
という。お爺さんが足を洗いながら、
 「いいモンってなんだぁ」
 って、聞いたら、
 「今日、川へ洗濯に行ったらば、とんだ拾い物があった」
 って、瓜を拾うた話をしたと。お爺さんが、 

 「そうかあ、そりゃよかったなあ。どんなのか、早う出して見せいよ」
というたら、お婆さん、戸棚からその瓜を取り出してきて、見せたと。
 「ほほう、大(で)っかい瓜だ。こりゃぁなかなかうまそうだなぁ。どれ、ひとつ割ってみるか」
 っていって、お爺さんがその瓜を俎板(まないた)の上へのせて、包丁を当て、さあ切ろうか、と思ったら、その瓜から急に御光(ごこう)がさして、瓜が二つに割れ、中から可愛いい可愛いいお姫様が、ホホヤー、ホホヤーって産まれたそうな。
 お爺さんとお婆さんは大層喜んで、
 「こりゃ俺達(おれら)に子供が無いもんだから、きっと神様が授けてくれたに違いない」
 っていうてなぁ。
 「お爺さん、この児(こ)の名前は何てつけましょかぁ」
 なんていうと、
 「瓜から産まれたから、瓜姫(うりひめ)と付(つ)けたらいいなぁ」 

 っていうて、「身体(からだ)をふいてやろ」だの、「べべ着せてやろ」だの、おおわらわだと。 お爺さんとお婆さんは二人して、まめまめ、まめまめ瓜姫のことめんどうをみたので、瓜姫は、素直で伸び伸びした女の子に育ったと。

 ある日、瓜姫が、
 「機(はた)ァ織(お)りたいなぁ」
というた。
 お爺さんが町から絹糸を買うてきてやったら、瓜姫は機場に腰かけて、

 チャンカラカッチャン、キーパタン。
 チャンカラカッチャン、キーパタン。

 と、毎日、毎日機を織ったと。 

 そしたら、そこへ機織り虫(むし)がやってきて、
 「瓜姫さん瓜姫さん、あなたは何をしておりますか」
と聞いた。瓜姫が、
 「私ゃ機を織っております」
 っていうと、機織り虫が、
 「そんならお手伝いして上げましょう」
 なんていう。
 「お前(まえ)に機が織れますか」
 って聞くと、
 「織れますとも、織れますとも、私ゃ機織り虫だもの」
 っていうて、瓜姫のお手伝いをしてくれるのだそうな。
 瓜姫と機織り虫とが機を織っていると、今度は機織り雀(すずめ)がやってきて、
 「瓜姫さん瓜姫さん、あなたは何をしておりますか」
と聞いた。瓜姫が、
 「私ゃ機を織っております」
 っていうと、機織り雀が、 

 「そんならお手伝いして上げましょう」
 なんていう。
 「お前に機が織れますか」
 って聞くと、
 「織れますとも、織れますとも、私ゃ機織り雀だもの」
 っていうて、雀も瓜姫のお手伝いをしてくれるのだと。
 瓜姫と機織り虫と機織り雀とで、毎日毎日機を織ったら、きれいな布が幾匹(いくひき)も織り上がったと。
 お爺さんがそれを持って町へ売りに行ったら、いいあんばいに高く売れたと。
 そのお金で、また絹糸を買い、あれを買い、何を揃(そろ)えして家に帰ったと。 

 その絹糸で、瓜姫と機織り虫と機織り雀とが、

 チャンカラカッチャン、キーパタン。
 チャンカラカッチャン、キーパタン。

 って、毎日、毎日、機を織る。出来上がった布をお爺さんが持って町へ売りに行ったら、また、いいあんばいに高く売れたと。
 お爺さんとお婆さんと瓜姫は一生安楽に暮らしたと。

 それもそれっきりい。 

 挿絵:かわさき えり

 
 

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

榛名湖の腰元蟹(はるなこのこしもとがに)

榛名湖の腰元蟹(はるなこのこしもとがに)

むかし、上野(こうずけ)の国、今の群馬県(ぐんまけん)の榛名山(はるなさん)のふもとに立派(りっぱ)な館(やかた)があった。館にはひとりの可愛らしい…

この昔話を聴く

熊に助けられた男(くまにたすけられたおとこ)

熊に助けられた男(くまにたすけられたおとこ)

むかし、むかし、あるところに薪伐り(たきぎきり)をして暮らしている男がおったと。ある冬に、薪(たきぎ)を伐(き)りに山へ行ったら、急に吹雪(ふぶ)い…

この昔話を聴く

現在614話掲載中!