びんぼうがみのみやげ
『貧乏神の土産』

― 山梨県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏な爺(じい)と婆(ばあ)がおったと。
 師走(しわす)になったのに米が一粒もなくて、大晦日(おおみそか)の晩を侘(わび)しく過ごしていたと。爺と婆は、
 「仕様(しよう)がないわ。火でもうんと焚(た)いて、よくあたって寝るか」
 「はえ、さいわい炭だけはたくさんあるで」
と言って、囲炉裏(いろり)に炭を山積みにくべて、ドカドカ大火(おおび)を焚いてあたっていたと。
 そしたら直衣(のうし)を着て烏帽子(えぼし)を被(かぶ)った男が、どこからともなく、横座(よこざ)へズシンと落ちて来た。
 「おおっ、びっくりしたぁ。何でありますか、お前さまは」 

 と爺がきくと、その男は、
 「ヤァヤァ、驚(おど)かしてすまぬ。俺ァ、この家の貧乏神(びんぼうがみ)だ。ながい間、お前たちの貧乏暮らしを見てきたが、貧乏なりに二人がいたわりあって、ちいっとも仲たがいせん。俺ァとしては面白(おもしろ)うない。だから前(まい)っから出て行こう出て行こうと思うとったが、せめて、この家が大火を焚いたらいっぺんあたって行こう、そう思って、それを待っていたところだ。今夜ァ珍しく大火のようだから、よくあたってから出て行く」
というた。爺は、
 「なんと、お前さまは貧乏神でありますか。そんじゃぁなんぼでもじっくりあたってっておくんなさい。そうして、二度と俺家(おらえ)には来ぬようにしてくりょお」
といって、その貧乏神を爺と婆との間にいれて、火によくあててやったと。貧乏神が、
 「ぬくまった。そろそろ行く」
といえば、婆が
 「まっとよくあたってけ、よくあたってけ」というて、袖(そで)をつかんで、なかなか離してやらんかったと。 

 挿絵:かわさき えり
 やがて、東の空がほのぼのと白んで、正月元旦の夜明けのころになったら、貧乏神は、
 「夜が明けて人目にかかるといかんから」
といって、どうでも出かける風(ふう)だ。爺は、
 「そんじゃ俺が途中まで送りましょう」というて、貧乏神の後ろから送って出たと。 

 少し行ったら、貧乏神が、
 「もうええから、帰れ帰れ」
と、しきりに言うたが、爺は、
 「いま少し、いま少し」
というて、とうとう河原(かわら)まで送って行ったと。そしたら貧乏神が、
 「さぁ、ここから帰れ。ながいこと世話にもなったし、ここまで送ってくれたから何か礼をしたいのじゃが、俺ァ貧乏神だからナーンモ持っとらん。おお、そうじゃ、この石を土産(みやげ)にやろう。沢庵石(たくあんいし)にしてもええから、これを背負(せお)ってけ」
といいながら、河原に転がっていた石をひとつ拾って、爺にくれたと。
 爺はそんな石欲しくもない。
 「背負う物(もん)がないから、俺ァ要(い)らん」
 「背負う物無いなら手背負い(てじょい)すればええ。
 どれ、俺が背負わしてやるから、背中ぁこっち向けろ。さァ、こんでよし。決して途中で捨てるんじゃないぞ。捨てたら俺ァまた、お前ん家(ち)へ戻るぞ」 

 戻られたら嫌(いや)だから、爺、重い、重いといいながら家へ持ち帰り、その石を上がり端(はな)へズシンと下ろしたと。婆がそれを見て、
 「爺さん、そんな石、正月早々何しる」
といいながら近づいたら、その石がチャッカンと光った。
 はてな、と思ってよくよく見たら、何と、それァ大きい黄金(きん)の塊(かたまり)だった。
 爺と婆は大喜び。それからのちは、その黄金のおかげで長者になって、ふたりは一生安楽に暮らしたと。

 それもそれっきりい。 

 挿絵:かわさき えり

 
 

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

火男の話(ひょっとこのはなし)

火男の話(ひょっとこのはなし)

むかし、あるところに爺さまと婆さまがおったそうな。ある日のこと、爺さまは山へ芝刈りにいって、大きな穴をひとつ見つけたと。「こんな穴には悪いものが棲む…

この昔話を聴く

卵は白茄子(たまごはしろなす)

卵は白茄子(たまごはしろなす)

むかし、あるお寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとがあった。和尚さんは食べることが大好きで、小僧さんに隠(かく)れては何ぞ口に入れとったと。

この昔話を聴く

現在598話掲載中!