かっこうどりとままはは
『かっこう鳥と継母』

― 山梨県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに継母(ままはは)があったと。
 五月のあるお陽さまのいい日に、継母は山の畑へ麦刈り(むぎかり)に行った。
 出しなに、継子(ままこ)に昼時(ひるどき)には弁当(べんとう)を持って来るように言いおいた。
 昼時になったので、継子は弁当を背負(せお)って山へ行った。
 「おっ母(か)ぁ、どこぞおぉ」
と呼んだが、継母の返事がない。
 「おっ母ぁ、どこぞおぉい」
 継母は、娘をいじめてやろうと思うて、畑の一番上から返事したと。
 「ここだ、ここだぞぉ」 

 挿絵:かわさき えり
 継子は、ほっとして、上の畑へ登って行った。が、継母の姿が見えない。
 「おっ母ぁ、どこぞい」
と呼んだら、ずうっと下の畑のあたりから、
 「ここだ、ここだぞ、何をぐずぐずしている」
という声がした。 

 継子は、急いでかけおりた。が、下に着いてみると、今度は一番上の畑のあたりから声がする。
 「何をぐずぐずしている。ここだ、ここだぞ」
 何回も何回も、弁当を背負って登ったり下(くだ)ったりしているうちに、身体の弱い継子は、とうとう倒れて死んでしまったと。
 継母はその罰(ばつ)で、かっこう鳥になり、
 「かっこう、かっこう」
と、口がさけて血が出るまで、日に八千八声(はっせんはちこえ)啼(な)きつづけなければならなくなったのだと。
 もし、それだけ啼かないと、口から蛆(うじ)が湧(わ)いてくるのだそうな。

 いっちん さけぇ。 

 挿絵:かわさき えり
 

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

朝顔と蛇(あさがおとへび)

朝顔と蛇(あさがおとへび)

昔、あるお寺に一人の和尚がいた。あまり裕福でもないので小坊主も置けないから、一匹の蛇をあずかって置いた。いつも外出するときには、蛇に今出て行くと告げるし、帰って来れば、また帰ったと言う

この昔話を聴く

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

ぼんぼんザメ(ぼんぼんざめ)

むかし。相模湾の三ツ石の沖にサメの夫婦が住んでおったと。夫婦は、ここへ漁師の舟が来ると追い返しては、子ザメを守っておったと。「三ツ石へ行くでねぇ。主のサメにおそわれるぞ」と、漁師たちは、この沖を地獄のように恐れて近寄らなかったと。

この昔話を聴く

現在663話掲載中!