かねをひろうたら
『金を拾うたら』

― 山梨県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な男が二人いたと。二人は借金(しゃっきん)がたくさんあって困(こま)っておった。とうとう、二人揃(そろ)って夜逃(よに)げをしたと。
 逃げて逃げて、夜が明けるころには幾(いく)つもの村を通り抜(ぬ)けて、やっと、ほっとしたと。
 頭にかぶった笠(かさ)で、顔をかくすように下ばかり見ながら歩いていたら、一人が、
 「こうして歩いていて、もし、俺(おれ)が大金でも拾うたら、どうしたもんかな」
と言うた。

 すると、もう一人の男が、
 「そりゃ決まっとる。俺にも半分よこすさ」
と言うた。
 「ばかこくでねえ。俺が拾ったら俺のものに決まっている。お前に分けてやる義理(ぎり)はねえぞ」
 「一緒に夜逃げして、こうして旅をしとるんだ、手前(てめえ)独(ひと)りで得をして、連れには分けてくれんちゅうのはよくねえ。そんな欲深(よくふか)じゃあ犬猫と同じだ」
 「何が犬猫だ。もう一ぺんぬかしてみろ」
 言い出した方も答えた方も腹を立てて、お互いに何だ、何だと言いながら大喧嘩(おおげんか)を始めた。

 つかみあいをしていると、そこへ、一人の旅人が追いついて、
 「おいおい、お前さんたち、何でそのようないさかいをしている。まあ落ち着け」
と言うて、二人の間に割って入り、二人を道端(みちばた)に坐(すわ)らせたと。

金を拾うたら挿絵:かわさき えり

 「いったい、どういうわけだ」
とたずねると、男の一人が、
 「二人で旅をして来たのだが、こいつは拾った金を、俺には分けてくれんと言うんだ」
と言うた。すると、もう一人が、
 「俺が拾うたんだから、俺のものだ。俺がどうしようと俺の勝手(かって)だろ」
と言うた。
 「それだから手前は義理も人情もしらん男だと言うんだ。道連れのくせに己(おのれ)だけうまいことをしようとする。そんな法(ほう)があるか」
と言うて、また、つかみかかろうとした。

 旅の男は、
 「まあ、まあ」
と、両手(りょうて)を広げて二人を分け、
 「それじゃあ、わしが何とかけりをつけてやろう。そっちのあんた、拾うた金はいったい何ぼだ。どこにある。出してみなさい」
と言うた。そしたら二人は、口を揃えて、
 「いや、まだ拾うとらん」
と言うた。旅の男は、
 「何だあ!?まだ拾うてもいないだとお。ありゃあ。拾うてもいないのに争(あらそ)うておったのかあ。あきれたあ。あっはっは、こんな馬鹿奴(ばかめ)ら・・・・・・あっはっはあ」
 笑われて、二人の男もやっと気がつき、きまり悪そうにしたと。

  これでひっちまい。

金を拾うたら挿絵:かわさき えり

山梨県
に伝わる他のおはなしへ >>

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

むかし、あるところに一人の若者がおったと。若者は畑仕事のあいまに駄賃(だちん)働きするほどの働き者だったと。ある日、若者が駄賃働きで隣(となり)村へ…

この昔話を聴く

目上の意見と茄子の花(めうえのいけんとなすのはな)

目上の意見と茄子の花(めうえのいけんとなすのはな)

むかし、あるところにお寺があって、和尚(おしょう)さんと小僧さんが住んでおったと。あるとき、小僧さんが修行(しゅぎょう)に出ることになったと。小僧さ…

この昔話を聴く

現在598話掲載中!