ほととぎすのものかぞえ
『時鳥の物数え』

― 山梨県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの、おおむかし。
 あるところにひとりの継母(ままはは)がおって、いつも継子(ままこ)の娘(むすめ)をいじめてばかりいたそうな。

 ある日のこと、柿(かき)を十個(じゅっこ)、戸棚(とだな)の中にしまっておいて用達(ようたし)に出かけたと。
 家には継子がひとりで留守番(るすばん)をしていて、戸棚の中の柿を食べたいなあ、と思ったが、食べると継母に怒(おこ)られるので手を出さなかったと。

 やがて継母が帰って来て、戸棚を開(あ)けて見、
 「おらはさっき、柿を十一しまって置(お)いたはずなのに、今見たれば十(とお)しかない。お前、ひとつ食ったんだろう」
と、いいがかりをつけた。
 
時鳥の物数え挿絵:かわさき えり

 娘はびっくりして、
 「おっ母さん、さっきおっ母さんがしまった柿は確(たし)かに十で、はじめっから十しかないどう。おら、食べたいと思ったけんど、手はつけとらん」
 「そら見てみい、食べたいと思ったが何よりの証拠(しょうこ)。お前のいやしい心だけでひとつへった。お前の口は食わいでも、お前の心がひとつ食った。用達から戻(もど)ったれば、ひとつ位はお前にやろうと思案(しあん)しとったが、これでやめじゃ、ひとつもやらん」
 「おら食うとらん・・・・・・はじめっから十しかなかったもん・・・・・・」
 娘はべそをかきながら十だ、十だといっていたが、そのうちとうとう鳥になって、
 「かきとお、かきとお」
と鳴(な)きながら、飛(と)んでいってしまったそうな。

時鳥の物数え挿絵:かわさき えり
 また継母も、
 「十一だ、十一だ」
と言い張(は)ったので、これもやっぱり鳥になって、
 「じゅういち、じゅういち」
と鳴くようになったと。

 継母と継子は、別の方へ飛んでいったので場所によって、時鳥(ほととぎす)の鳴き声がちがえて聞こえるんだってさ。

  ごきとん とんまの末鳥(つぐどり)。

※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなおはなしも読んでみませんか?

鶴女房(つるにょうぼう)

鶴女房(つるにょうぼう)

むかし、あるところに正直な若者がいてあったど。あるとき、若者が田打ちをしていると、天から一羽の鶴(つる)がヒラヒラと下りて来たど。どこか傷手(いたで…

この昔話を聴く

江差の繁次郎「観音と休み」(えさしのしげじろう かんのんとやすみ)

江差の繁次郎「観音と休み」(えさしのしげじろう かんのんとやすみ)

江差(えさし)の繁次郎(しげじろう)は怠け者であったと。ニシン場(ば)では、次から次へと水揚(みずあげ)されるニシンを、モッコに入れて運ぶ者、仕分(…

この昔話を聴く

現在642話掲載中!