感動

「五月の菖蒲と蓬」の感想:

私は、戦後間もなく生まれました。母親の昔話を聞きながら、眠りについた覚えがあります。内容は忘れましたが、話の最後に「どんどはれ」という言葉だけは、覚えています。話はかわりますが、昭和30から40年代まで、玄関先の茅葺の屋根の軒先に「菖蒲と蓬」を差していました。フジパンの昔話を聞いて、何のためにそれをしていたか、わかりました。ありがとうございました。 私の生まれは「岩手県奥州市」です。 (60代/男性)

楽しい

「ねじ金と妹とおっ母さん」の感想:

あんなちからがあるなんてばかみたいでおもしろかったです。 (10歳未満/女性)

楽しい

「民話の部屋」の感想:

あっと、驚く楽しい話を、お願いします。 (70代/男性)

悲しい

「民話の部屋」の感想:

もっと、詳しい説明や解説が欲しいです… (10代/女性)

楽しい

「民話の部屋」の感想:

この「民話の部屋」を知ったのは30年ほど前の頃です。その頃は電話で聴いておりました。 病気で床に伏せていたとき、毎回拝聴し、慰めのられました。 「犬ぼえの森(さだ六とシロ)」が一番好きな作品です。 これからも毎週のお話の更新を楽しみにします。 (50代/女性)

悲しい

「民話の部屋」の感想:

解説などがあったほうが、もっとお話を楽しめる気がします。 (10代/女性)

楽しい

「民話の部屋」の感想:

いろいろなお話があっておもしろいです。 (10歳未満/女性)

驚き

「鶯女房」の感想:

この話は、鶴の恩返しとにていてびっくりしましたΣ(・ω・ノ)ノ (10歳未満/女性)

悲しい

「おしどり物語」の感想:

私は、日本の昔話の学習をしてます。今年の暮に広島へ行くので、広島の昔話をリサーチした処、おしどり物語を視聴しました。雌のおしどりが体をつつくところは涙が止まりませんでした。今の時代にも通じる「物事をやけくそに見境なく事を起こしてはとんでもない事になり兼ねない」人間でも動物でも同じ事とつくづく考えさせられました。 (60代/女性)

驚き

「橋立小女郎」の感想:

ネットで民話の部屋の存在を知り、さっそく活用してみたのですが久々の昔話は面白かったです。昔話特有のどんでん返しがとても良いと思いました。さて白狐はどうなったのでしょうか?そのあとを考える楽しさもある作品だと思います。 (10代/女性)