1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 動物の争いにまつわる昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

動物の争いにまつわる昔話(全26話)

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ) 【山形県

昔々、因幡(いなば)の国に白い兎がいたそうな。毎日浜辺にやって来ては、「何とかして、海渡って向こう岸さ行ってみてえなあ。んだげんども俺(お)ら泳がん…

この昔話を聴く

猿蟹合戦(さるかにがっせん)

猿蟹合戦(さるかにがっせん) 【秋田県

むかしむかし、猿(さる)と蟹(かに)といてあったど。あるとき、猿が蟹さ、「蟹、蟹、二人して餅(もち)コ搗(つ)がねがぁ」いっだど。そしたら、蟹も搗く…

この昔話を聴く

狼と兎(おおかみとうさぎ)

狼と兎(おおかみとうさぎ) 【京都府

むかし、あるところに狼(おおかみ)と兎(うさぎ)がおったと。ある日のこと、狼と兎が山道でバッタリ出会うた。狼は兎がびっくりしているのを見て、いいことを思いついた。

この昔話を聴く

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう)

虎と蝸牛の競争(とらとかたつむりのきょうそう) 【山口県

むかしむかし、ある竹藪(たけやぶ)の中に、大きな虎が一匹住んでおったと。虎は日ごろから、ひととび千里(せんり)じゃ、と走ることの早いのを自慢(じまん)にして、いばっておったと。

この昔話を聴く

犬と狼(いぬとおおかみ)

犬と狼(いぬとおおかみ) 【岩手県

むかし、ある山家に年老いた飼犬がおったと。ある日、犬が家の前庭で寝そべっていると、家の者が、「おら家の犬も年をとって、ごくつぶしなったもんだ。皮でも剥いでやるか」と話しているのが聞こえた。

この昔話を聴く

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

猿の仲裁(さるのちゅうさい) 【福岡県

むかし、むかし、あるところに太郎狐と治郎狐の兄弟狐があったと。ある日のこと、二匹が連れだって山道を歩いていたら、道端に握り飯が二個、竹の皮に包まれて落ちていた。いい匂いだと。

この昔話を聴く

きつつきと雀(きつつきとすずめ)

きつつきと雀(きつつきとすずめ) 【鹿児島県

むかし、むかし。きつつきと雀は姉妹(しまい)だったそうな。あるとき、きつつきと雀は着物を織ろうとかせ糸を染めていたと。そしたらそこへ使いが来て、「親…

この昔話を聴く

猿の生肝(さるのいきぎも)

猿の生肝(さるのいきぎも) 【鹿児島県

昔、竜宮の神さまのひとり娘、乙姫(おとひめ)が病気になったので、法者(ほうじゃ)に占ってもらったと。法者はムニャラ、ムニャラ占いをやって、「この病気…

この昔話を聴く

猿の生き肝(さるのいきぎも)

猿の生き肝(さるのいきぎも) 【鹿児島県

むかし、竜宮浄土の乙姫さまが病気になられて、いっこうに治らないんだと。神様に見てもらったら、「猿の生き肝を食えばよくなる」と言われた。「ほうせば、だ…

この昔話を聴く

猪の相撲(いのししのすもう)

猪の相撲(いのししのすもう) 【福岡県

お前(ま)んさぁ、知っとられますかいのう。月夜の晩にゃぁ、猪(いのしし)が山ん中で相撲(すもう)ば取っちょるっちゅうのを。ん、知らんか、そうか、なら…

この昔話を聴く

猿とカニ(さるとかに)

猿とカニ(さるとかに) 【福岡県

むかし、あるところにサルとカニがおったって。あるとき、カニが河原(かわら)を散歩していたら握(にぎ)り飯がひとつ落ちていた。拾うて運んでいたら、サル…

この昔話を聴く

田螺と烏の歌問答(たにしとからすのうたもんどう)

田螺と烏の歌問答(たにしとからすのうたもんどう) 【広島県

むかし、むかし。あるよく晴れた日のこと。たんぼのあぜに田螺(たにし)がのこのことはいあがり、気持ちよさそうに日向(ひなた)ぼっこをしていたと。すると…

この昔話を聴く

鳥とケモノの戦争(とりとけもののせんそう)

鳥とケモノの戦争(とりとけもののせんそう) 【広島県

なんと昔があったげな。昔にの、狸と狐が山を歩きよったら鶯の巣があったんで、「ええっ!こがあなもの壊(こわ)してやれ」ちゅうて、足で蹴散らかしてしもう…

この昔話を聴く

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす) 【兵庫県

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま) 【兵庫県

むかしむかしの大昔。森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様…

この昔話を聴く

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう)

兎と亀とフクロウ(うさぎとかめとふくろう) 【和歌山県

むかし、むかしの大昔。ある山に兎と亀とフクロウが仲良う暮らしていたんやと。ある日のこと、兎が亀にこう言うんや。「亀やんよう、昔、昔のことに、わしのご…

この昔話を聴く

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ)

ネズミとイタチの寄合田(ねずみといたちのよりあいだ) 【新潟県

むかし、あるところにネズミとイタチがおって、川原でばったり出合ったそうな。「ネズどん、ネズどん。ここの草むらをおこして、二人で粟(あわ)でも蒔こうや…

この昔話を聴く

雲雀とお天道さん(ひばりとおてんとさん)

雲雀とお天道さん(ひばりとおてんとさん) 【埼玉県

昔、あるところに雲雀(ひばり)とお天道(てんと)さんとがあったと。二人は、バクチが大好きだったと。ある日、二人は誘い合ってバクチ場(ば)へ行った。お…

この昔話を聴く

蟻と鳩(ありとはと)

蟻と鳩(ありとはと) 【千葉県

むかし、あるところに蟻と鳩がおった。蟻は地べたを歩きまわり、鳩は木の枝にとまって羽を休ませていたと。そしたら、風がピューと吹いて、地べたの蟻が吹き飛…

この昔話を聴く

兎の眼と耳と尾(うさぎのめとみみとお)

兎の眼と耳と尾(うさぎのめとみみとお) 【群馬県

むかし、むかしの大昔。ある山に親兎(おやうさぎ)と子兎(こうさぎ)が住んであったと。ある日、親兎が食べ物を見つけに行った。行くとき、子兎に、「寂しい…

この昔話を聴く

ミソサザイ

ミソサザイ 【岩手県

むかしむかし、ミソサザイはこぼしやであったと。毎日毎日、藪(やぶ)から藪へと飛び移り飛び返り、ああこの藪もつまらない、あの藪もつまらない、とこぼして…

この昔話を聴く

黒牛と熊(くろべことくま)

黒牛と熊(くろべことくま) 【岩手県

むかし、あるところにひとりの男がおって闘牛(とうぎゅう)を飼(か)っていたと。黒牛(くろべこ)の、すばらしい闘牛だと。角(つの)は人の腕(うで)より…

この昔話を聴く

古屋の漏り(ふるやのもり)

古屋の漏り(ふるやのもり) 【岩手県

むかし、山奥の家で、爺さまと婆さまが、一匹の馬を飼っておった。ある雨がざんざ降りの夜に、虎がやってきて、馬をとって食おうと馬小屋にしのびこんだ。家の…

この昔話を聴く

虎と田螺の競争(とらとたにしのきょうそう)

虎と田螺の競争(とらとたにしのきょうそう) 【秋田県

むかし、むかしの大むかし。あるところに虎と田螺(たにし)がおったと。あるとき、虎は田螺を見て、「こらこら、そんなところをジワリジワリ歩いていると踏(…

この昔話を聴く

小鮒の夢(こぶなのゆめ)

小鮒の夢(こぶなのゆめ) 【秋田県

昔、あったずもな。川の中にいた小鮒(こぶな)のせいしょう、ある晩夢みたずもな。四本柱立って、サラサラ雪降って、濁(にご)った川さドブンと落ちだ夢だっ…

この昔話を聴く

尻尾の釣り(しっぽのつり)

尻尾の釣り(しっぽのつり) 【青森県

むかし、あるところに、猿とかわうそが棲(す)んでいたそうな。猿は、かわうそがいつも魚をとってはおいしそうに食っているのを見て、うらやましくてたまらな…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子