1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. お地蔵様が登場する昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

お地蔵様が登場する昔話(全12話)

地蔵むがし(じぞうむがし)
新しいおはなし

地蔵むがし(じぞうむがし) 【山形県

むがし、むがし。むがし、あったど。あるどこさ、貧しい暮らしをしている爺ど婆どいであった。二人は、蓮の葉ば売って、盆の買い物すねばなんね。

この昔話を聴く

言うな地蔵(いうなじぞう)

言うな地蔵(いうなじぞう) 【福井県

むかし、ある旅の男が金を使い果(は)たして、峠(とうげ)のお地蔵(じぞう)さんの前で途方(とほう)に暮(く)れておったと。腹は空くし、こころ細いし、…

この昔話を聴く

ココが好き!!ポイント

どんな理由があったとしても…

「誰も見ていないから大丈夫」…なーんて、そんな事は無く、悪い事をすればいつか必ず罰が当たるものです。ましてや私利私欲の為だけ…なんて輪をかけて悪い。どういう理由があろうとも、やっぱり悪事は悪事なんです!
でもこんなお地蔵様がいたら…それはそれでびっくりしちゃいますね…。

笠地蔵(かさじぞう)

笠地蔵(かさじぞう) 【岩手県

むがしあるところに、軒端(のきば)コ葺(ふ)く茅(かや)コさえ一本もない爺さまど婆さまがあったどス。年越しの日に、婆さまはかねがね丹精(たんせい)し…

この昔話を聴く

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば)

地蔵さまと爺婆(じぞうさまとじじばば) 【鳥取県

とんと昔。ある村に爺さまと婆さまが暮らしてあった。婆さまが木綿(もめん)の布を織り、爺さまが町へ売りに行っていたと。

この昔話を聴く

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ)

大分県の笠地蔵・ばっちょ笠(ばっちょがさ) 【大分県

むかし、むかし、あるところに、爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが住んでおったと。家が貧乏(びんぼう)で、年取りの夜(よ)さになっても、一粒(ひとつぶ)…

この昔話を聴く

しのぶ地蔵(しのぶじぞう)

しのぶ地蔵(しのぶじぞう) 【新潟県

むかし、あるところに忍(しのぶ)と健(けん)の姉弟(きょうだい)がおった。姉の忍は八歳、弟の健は六歳であったと。二人の両親は、三年前の大水(おおみず…

この昔話を聴く

五反田のおとめ地蔵(ごたんだのおとめじぞう)

五反田のおとめ地蔵(ごたんだのおとめじぞう) 【神奈川県

むかし、神奈川県(かながわけん)の岡崎村(おかざきむら)大句(おおく)という所の地主(じぬし)のうちに、たみという下働き(したばたらき)の女ごがおっ…

この昔話を聴く

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう) 【東京都

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

しばられ地蔵(しばられじぞう)

しばられ地蔵(しばられじぞう) 【東京都

享保(きょうほ)三年というから、一七一七年、今から二六六年も前のこと、江戸、つまり、東京でおこったことだ。本所の南蔵院(なんぞういん)という寺の境内…

この昔話を聴く

田植え地蔵(たうえじぞう)

田植え地蔵(たうえじぞう) 【埼玉県

むかし、あるところに貧乏な男がいてあったと。働き者で朝は朝星(あさぼし)のころから夜は夜星をながめるまで身を粉にして働いたと。畑や田圃(たんぼ)への…

この昔話を聴く

笠地蔵(かさじぞう)

笠地蔵(かさじぞう) 【岩手県

昔、あるところに貧乏な夫婦があったと。大晦日(おおみそか)が来たけれども、晩の年越(としこし)の仕度(したく)も出来ないので、女房が、「いままでたん…

この昔話を聴く

地蔵の木曳(じぞうのこびき)

地蔵の木曳(じぞうのこびき) 【岩手県

むかし、あるところに貧乏な爺様(じさま)と婆様(ばさま)があったと。大晦日(おおみそか)が来たけれども、魚も米も味噌も何もないのだと。爺様が、「婆様…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子