1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

言葉の聞き違い・言葉遊びにまつわる昔話(全22話)

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん)

和尚と小僧話(食った食わん)(おしょうとこぞうばなし くったくわん) 【鳥取県

むかし、あるところに大きな寺がありましたと。その寺では、なにかと事(こと)のあるときに、いつでもご馳走(ちそう)が檀家(だんか)から持ってこられて、…

この昔話を聴く

ぼた餅ときなこ餅の競争(ぼたもちときなこもちのきょうそう)

ぼた餅ときなこ餅の競争(ぼたもちときなこもちのきょうそう) 【三重県

むかしむかしあったげな。ぼた餅さんとな、きな粉餅さんとがな、お手手つないでお伊勢参りすることになったげな。ぼた餅さんも、きな粉餅さんもな、コロンコロ…

この昔話を聴く

ココが好き!!ポイント

あぁ食べたい!

わたし、和菓子大好きなんですよねー。もう、このタイトルみた瞬間、「あぁ食べたい!!」って思っちゃって…。
ところで、あなたはぼた餅派?きなこ餅派?このお話、ぼた餅ときなこ餅がでんぐり返って競争をするんですよ。その姿を想像するだけで、おかしくって、かわいくって、愛おしくなってしまいます。道行く人が、それぞれ好きなお餅を応援するのもほほえましいです。
ちなみに、わたしは食いしん坊なので、こう応援するつもりです!「どちらもがんばれ~わたしは両方大好きやで~」

節分の鬼(せつぶんのおに)

節分の鬼(せつぶんのおに) 【新潟県

むかし、むかし、あるところに貧乏(びんぼう)なトトとカカがおったと。ある節分(せつぶん)の夜のこと、あちこちの家では、「鬼(おに)は外、福は内」って豆まきが始まったと。

この昔話を聴く

ナスビとキュウリの相撲見物(なすびときゅうりのすもうけんぶつ)

ナスビとキュウリの相撲見物(なすびときゅうりのすもうけんぶつ) 【埼玉県

むかし、むかし。あるところにナスビとキュウリがあった。ナスビとキュウリは誘(さそ)いあって、大相撲(おおずもう)を見に行ったと。

この昔話を聴く

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび)

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび) 【宮城県

むかし、むかし、あるところに蟻(あり)と蜂(はち)があったと。あるとき道端(みちばた)のタンポポの花のてっぺんで蟻と蜂が出逢った。

この昔話を聴く

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん)

鯛とふぐと節分(たいとふぐとせつぶん) 【大阪府

昔昔のあるとき、和泉の国の岡田浦で鯛とふぐが一緒に漁師の網にかかって死んでしまったと。鯛とふぐは連れだって西の方へ歩いて行った。三途の川も渡って、なおも歩いて行くと・・・

この昔話を聴く

たいとふぐ

たいとふぐ 【大阪府

むかし、あるところに鯛とふぐとがおったと。鯛とふぐは漁師の網にかかって死んだと。死んだんで極楽へ入れてもらわんならん言うて・・・

この昔話を聴く

鶴と亀(つるとかめ)

鶴と亀(つるとかめ) 【埼玉県

昔々の大昔。あるところに鶴と亀とがあったと。鶴は大層べっぴんさんで、亀はドッシリとしていたと。あるとき、鶴と亀とが出会ったら、鶴は亀をとても頼もしそうに思えたと。

この昔話を聴く

ドウモとコウモ

ドウモとコウモ 【新潟県

とんとむかしあったと。京都にドウモという素晴らしく腕のいい医者があった。一方、江戸にもコウモという、これまた素晴らしく腕のいい医者があった。二人は、 「わしこそ日本一の名医(めいい)だ」と言うて、ゆずらんかった。

この昔話を聴く

豆腐の病気(とうふのびょうき)

豆腐の病気(とうふのびょうき) 【高知県

昔、大豆(だいず)と大根と牛蒡(ごぼう)と人参(にんじん)とジャガ芋(いも)は友達だったそうな。大豆が出世して豆腐(とうふ)になったと。豆腐になった…

この昔話を聴く

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん) 【愛媛県

あんたさん、知っとられますか。昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。明治五年十…

この昔話を聴く

童孟と孔孟(どうもうとこうもう)

童孟と孔孟(どうもうとこうもう) 【徳島県

とんと昔の話じゃが。あるところに隣(とな)り合う国があったそうな。こっちの国には童孟(どうもう)という医者がござらして、日本一という評判(ひょうばん…

この昔話を聴く

掛け声の代価(かけごえのだいか)

掛け声の代価(かけごえのだいか) 【岡山県

むかし、あるところに大きな、それは大きな木があった。大人(おとな)で三(み)かかえもあったと。あるとき、木こりが二人やってきて、この木を伐り倒すのだ…

この昔話を聴く

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ)

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ) 【兵庫県

昔むかし、ある所に爺さんと婆さんがおったそうな。爺さんは毎日山へ木ィ伐(き)りに、婆さんは川へ洗濯(せんたく)に行っていたと。あるとき、爺さんが山で…

この昔話を聴く

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから)

豆腐と油揚げとおから(とうふとあぶらあげとおから) 【静岡県

むかしあったと。ある日、豆腐屋(とうふや)の主人(しゅじん)が用事で家を留守(るす)にしたと。そこで豆腐と油揚げ(あぶらあげ)とおからが、「親方(お…

この昔話を聴く

モグラと馬と人間(もぐらとうまとにんげん)

モグラと馬と人間(もぐらとうまとにんげん) 【山梨県

日本(にっぽん)は細長い国で、南と北では季節感がすこうしずれているわねぇ。でも、五月の今ごろは農家は、日本のどこもかしこも田や畑の仕事で大忙しの季節…

この昔話を聴く

弘法様の衣(こうぼうさまのころも)

弘法様の衣(こうぼうさまのころも) 【山梨県

むかし、ある冬の日のこと、ある村に一人の旅のお坊さんが托鉢(たくはつ)に来たそうな。身(み)にまとっている衣(ころも)は、色が褪(さ)め、裾(すそ)…

この昔話を聴く

仁王か(におうか)

仁王か(におうか) 【長野県

むかし、ある寺に仁王門(におうもん)があって、その中に大っきな仁王様がごさらっしゃったそうな。仁王様は一日中、夜も昼も休むひまなく仁王門の中で立ち続…

この昔話を聴く

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち)

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち) 【長野県

むかし、むかし、大むかし。お日さまとお月さまと雷さまが、三人そろって旅に出かけた。ところが、雷さまは生まれつき気があらいもんだから、行くところ行くと…

この昔話を聴く

馬の田楽(うまのでんがく)

馬の田楽(うまのでんがく) 【埼玉県

むかし、馬子(まご)が馬に味噌樽(みそだる)をつけて運んでいたと。途中に川があったので馬に水を呑ませ、ついでに川原でひとやすみした。お天道さんは真上…

この昔話を聴く

秋祭り(あきまつり)

秋祭り(あきまつり) 【埼玉県

むかし、むかし、ある畑で秋祭りがあった。昼にはネズミの相撲大会(すもうたいかい)、夜にはネズミの夜店(よみせ)がずらーっと並んで、大賑(おおにぎ)わ…

この昔話を聴く

半殺しとお手打ちと本殺し(はんごろしとおてうちとほんごろし)

半殺しとお手打ちと本殺し(はんごろしとおてうちとほんごろし) 【山形県

むかし、ひとりの侍が旅をしていて、山の中で日が暮れてしまったと。真っ暗な山の中を、あっち行き、こっち行きして、ようやく一軒の山家(やまが)が見つかっ…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子