1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 草木の話・動物の由来にまつわる昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

草木の話・動物の由来にまつわる昔話(全21話)

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい) 【埼玉県

むかし、むかし、あるところにおっ母(か)さんと息子とが暮らしてあった。息子は親不幸者であったと。春になったので、おっ母さんが田んぼの代掻(しろかき)…

この昔話を聴く

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか) 【佐賀県

むかし、むかし、あるところに爺さんと婆さんとが暮らしてあった。爺さんは毎日山の畑のウネ打ちに行っておったと。ある日のこと、爺さんが畑のウネを打っていたら、畑の縁(へり)にあった石に猿(さる)が腰掛(こしか)けて、爺さんの悪口言うたと。

この昔話を聴く

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい)

ホトトギスの兄弟(ほととぎすのきょうだい) 【山形県

とんとむかし。あるところに、兄と弟が住んでおった。あるとき、兄は病気になって、ちっとも働けんようになってしまった。それで、弟は、 「あんちゃんの分まで、おれが働かないかんな」と、毎日毎日、汗みどろになって働いていた。

この昔話を聴く

猿蟹ひとりぽっち(さるかにひとりぽっち)

猿蟹ひとりぽっち(さるかにひとりぽっち) 【島根県

昔があったげな。ある山に猿(さる)がポツンとひとりでおったげな。海っ端(ぱた)にはカ二がポツンとひとりぽっちでおったげな。ある日猿はあんまりつまらな…

この昔話を聴く

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび)

自分の頭を食った蛇(じぶんのあたまをくったへび) 【鳥取県

むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)で、とても話の好きな婆(ば)さまが住んでおられたそうな。その隣には、彦八(ひこはち)といって、こちらは…

この昔話を聴く

山におった鯨(やまにおったくじら)

山におった鯨(やまにおったくじら) 【和歌山県

この紀州(きしゅう)の国(くに)じゃのう、昔から十一月の七日は、山の神さんのお祭りじゃゆうて、猟師(りょうし)も樵(きこり)も決して山には入らんもん…

この昔話を聴く

金貸しほととぎす(かねかしほととぎす)

金貸しほととぎす(かねかしほととぎす) 【滋賀県

むかし、むかし。あるところにお寺があって、和尚さんが一人で住まっていたって。この和尚さん、お寺の本堂を建てたいと思っていたけどお金が無かったって。和…

この昔話を聴く

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう) 【岐阜県

むかし。あるところに雨蛙(あまがえる)の親子がおった。親蛙(おやがえる)は子蛙(こがえる)を大事に育てたが、子蛙はちっとも親蛙の言うことを聞かん。親…

この昔話を聴く

尻っ尾の釣り(しっぽのつり)

尻っ尾の釣り(しっぽのつり) 【石川県

昔々あったと。あるとき、兎(うさぎ)が川の縁(へり)へ出てみたら、一匹の川獺(かわうそ)が川の中から魚を捕(と)って来て、うまそうに食うておった。そ…

この昔話を聴く

鳶不幸(とんびふこう)

鳶不幸(とんびふこう) 【静岡県

むかし、あるところに、とんびの親子がおったそうな。子とんびはヘソ曲りの子であったと。親が、「山へ行け」と、言えば海へ行き、「海へ行け」と、言えば山へ…

この昔話を聴く

かっこう鳥と継母(かっこうどりとままはは)

かっこう鳥と継母(かっこうどりとままはは) 【山梨県

むかし、あるところに継母(ままはは)があったと。五月のあるお陽さまのいい日に、継母は山の畑へ麦刈り(むぎかり)に行った。出しなに、継子(ままこ)に昼…

この昔話を聴く

猪と亀(いのししとかめ)

猪と亀(いのししとかめ) 【長野県

むかし、むかしの大昔。大ぜいの獣(けだもの)が集まって力競べをしたことがあったと。その頃は、猪はまだ首が長かったし、亀は手足が長かったと。組合わせで…

この昔話を聴く

梟の染物屋(ふくろうのそめものや)

梟の染物屋(ふくろうのそめものや) 【長野県

むかし、むかしの大むかし。フクロウは染物屋だったと。店は、たいした宣伝もせんのに、えらくはんじょうしたそうな。朝はまだ日の出んうちから、色んな鳥がや…

この昔話を聴く

亀の甲ら(かめのこうら)

亀の甲ら(かめのこうら) 【新潟県

うそかほんとか知らんが、その昔、亀は、カナチョロのようにすばやく走りまわっておったそうな。あるとき、亀が日向(ひなた)ぼっこをしているところへ、雁(…

この昔話を聴く

水乞鳥の不孝(みずこいどりのふこう)

水乞鳥の不孝(みずこいどりのふこう) 【埼玉県

むかし、あるところに、母と息子が二人で暮らしていた。母は息子を可愛(かわい)がっていたが、息子の方は少しも母の言う事など聞きはしない。その為に、母は…

この昔話を聴く

雉になった娘(きじになったむすめ)

雉になった娘(きじになったむすめ) 【山形県

昔々(むかしむかし)。一人の美しい娘持った婆(ばあ)さまあったけド。あるとき、村の殿(との)さまァお通りになって、ほの娘ば見染(みそ)め、「どうぞし…

この昔話を聴く

梢で啼く烏(こずえでなくからす)

梢で啼く烏(こずえでなくからす) 【岩手県

むかしあったと。烏(からす)は元々悪たれな鳥だったと。人が丹精(たんせい)かけて蒔(ま)いた種子(たね)を掘り返したり、藁屋根(わらやね)の破風(は…

この昔話を聴く

雲雀金貸し(ひばりかねかし)

雲雀金貸し(ひばりかねかし) 【岩手県

むかし、むかしの、大昔。あるところにヒバリがおって、金貸しを商売にしておったと。お日さまにお金を貸して、だいぶん日が経ったので、催促(さいそく)に行…

この昔話を聴く

豆の粉(まめのこな)

豆の粉(まめのこな) 【岩手県

昔々、あるところに、爺様(じさま)と婆様(ばさま)があったとさ。あるとき、爺様が庭の前を掃(は)いていると、豆コが一つ、隅(すみ)から、ころころころ…

この昔話を聴く

蕨の恩(わらびのおん)

蕨の恩(わらびのおん) 【岩手県

むかし、むかし、あるところにヘビがおったと。春のポカポカした日に昼寝をしていたら、土の中から茅萱(ちかや)が芽を出して、とんがった先でヘビの身体を突…

この昔話を聴く

豆と炭とワラ(まめとすみとわら)

豆と炭とワラ(まめとすみとわら) 【岩手県

むかしむかし、あるところにお婆さんがおったと。お婆さんは、豆を煮ようと思って、空豆を水につけておいたと。柔らかくふくれたころ、鍋にザランとうつしたの…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子