1. フジパントップページ > 
  2. フジパンとはぐくむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 妖怪的な動物にまつわる昔話
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

妖怪的な動物にまつわる昔話(全43話)

山伏とキツネ(やまぶしときつね)

山伏とキツネ(やまぶしときつね) 【長野県

むかし。あちこちの山を巡り歩いて修行(しゅぎょう)をするひとりの山伏(やまぶし)がおった。ある日、野原を通りかかると、道端(みちばた)で一匹のキツネ…

この昔話を聴く

河童の恩返し(かっぱのおんがえし)

河童の恩返し(かっぱのおんがえし) 【青森県

むかし、あるところにひとりの正直(しょうじき)な男が住んでいたと。ある年の春、用水路の脇の田圃(たんぼ)へ田打(たうち)に行ったと。昼時(ひるどき)…

この昔話を聴く

山伏とこっこ狸(やまぶしとこっこだぬき)

山伏とこっこ狸(やまぶしとこっこだぬき) 【秋田県

昔、昔。一人の山伏(やまぶし)居(え)だけど。何時(えじ)だがの昼間時(じき)、一本松の木の下歩いて居たけど。ちょこっと見だば、その木の根っコさ小さな狸(たぬき)コ昼寝(ひるね)して居だけど。

この昔話を聴く

狐娘と伊勢詣(きつねむすめといせもうで)

狐娘と伊勢詣(きつねむすめといせもうで) 【山形県

昔あったけド。あるどこの兄マ、妙法寺(みょうほうじ)さんのどご通て行たバ、七曲さんのどごがら、狐、チョコチョコと出で来で、松葉拾(ひろ)うて頭さチョンと乗せてで、あっちキョロ、こっちキョロ見っでモノ。

この昔話を聴く

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき) 【愛媛県

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

髪剃り狐(かみそりぎつね)

髪剃り狐(かみそりぎつね) 【新潟県

昔、あるところの原っぱに、性悪(しょうわる)で化け上手の狐(きつね)がおったと。通る人を坊主頭にするので、村の人たちはおっかながって、誰もその原っぱを通らなくなった。不便(ふべん)でしょうがないのだと。

この昔話を聴く

キツネとカワウソ

キツネとカワウソ 【秋田県

むかしむかし、あるところにキツネとカワウソがおった。魚とりの上手なカワウソは、いつもキツネを呼んで魚をごちそうしていたと。

この昔話を聴く

あくやのしろど

あくやのしろど 【秋田県

むかし、あるところに『あくやのしろど』ていう仲の好(え)え夫婦いてあったと。して、どっち死んでも七年間は後添(のちぞえ)貰わねことに約束したわけだ。

この昔話を聴く

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ)

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ) 【新潟県

あるところに、三太いう気のいい男がおった。三太のかかは出べそだったんだが、三太のほかには、だぁれもしらん秘密だったと。ある夜のこと、三太のかかが風呂さ入っているとこを、キツネがこっそりのぞいて見てしまったんだと。

この昔話を聴く

橋立小女郎(はしだてこじょろう)

橋立小女郎(はしだてこじょろう) 【京都府

むかし、丹後の国、今の京都府宮津の天橋立に「橋立小女郎」と呼ばれる白狐がおったと。この白狐はいつもきれいな女に化けて人間をだましていたので、こんな名前がついたのだと。

この昔話を聴く

かしこ淵(かしこぶち)

かしこ淵(かしこぶち) 【宮城県

むかし、陸前の国、今の宮城県にひとりの男がおった。ある日、男が谷川で魚釣りをしていたと。ところが、その日はどういうわけか一匹も魚が釣れなかった。

この昔話を聴く

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら) 【鹿児島県

かっぱはいたずら好きで、よく夜になると馬小屋にしのびこみ、馬がへとへとになるまで乗りこなすそうな。馬が疲れてくると、その馬の尻尾(しっぽ)をしばって…

この昔話を聴く

河童岩(かっぱいわ)

河童岩(かっぱいわ) 【宮崎県

むかし、ある川の中に一ぴきの河童が棲んでいたと。ある時、子供達が大勢集まって、川の中に白い小石を投げ込んでその小石を取りあいっこしては遊んでいた。す…

この昔話を聴く

五平の鉄砲(ごへいのてっぽう)

五平の鉄砲(ごへいのてっぽう) 【高知県

むかし、土佐藩(とさはん)のお抱え(おかかえ)鉄砲鍛冶(てっぽうかじ)に五平(ごへい)というお人がおったそうな。五平の作る鉄砲は重さも頑丈(がんじょ…

この昔話を聴く

留やんとしばてん(とめやんとしばてん)

留やんとしばてん(とめやんとしばてん) 【高知県

大正の頃、土佐の羽根村(はねむら)に留(とめ)やんという大工がおった。あるとき、嫁にやった娘に子供が出来そうな、いうき、朝まだ暗いうちに隣り村へ出か…

この昔話を聴く

土佐のエンコウ(とさのえんこう)

土佐のエンコウ(とさのえんこう) 【高知県

土佐では河童のことをエンコウといいます。エンコウは、川が大きな淵(ふち)になっているところに棲んでいて、夜になると岸へ上(あが)って歩き回ります。エ…

この昔話を聴く

侍狸(さむらいだぬき)

侍狸(さむらいだぬき) 【愛媛県

昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。ある日、山へ行きよると、狸の穴…

この昔話を聴く

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね) 【愛媛県

むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお…

この昔話を聴く

馬の尻のぞき(うまのしりのぞき)

馬の尻のぞき(うまのしりのぞき) 【徳島県

昔、あるところに博奕(ばくち)打ちがおったと。ある晩、村の在所(ざいしょ)へ博奕を打ちに行ったら、すってんてんに負けてしもうた。夜道をとぼらとぼら歩…

この昔話を聴く

年越しの豆(としこしのまめ)

年越しの豆(としこしのまめ) 【山口県

むかしむかしの大昔、あちこちの山やまに鬼(おに)がたくさん棲(す)んでおったと。その鬼どもが里に出て来ては、子供をとって喰ってしまうので、里の人たち…

この昔話を聴く

鍛冶屋の婆(かじやのばあ)

鍛冶屋の婆(かじやのばあ) 【島根県

むかし、ある商人(あきんど)が山越(やまご)えしようとしているうちに、日が暮れてしまったと。山は何が出るか分からんので、大きな木の上に登って夜明けを…

この昔話を聴く

観音さま二つ(かんのんさまふたつ)

観音さま二つ(かんのんさまふたつ) 【島根県

むかし、ある山奥に山姥(やまんば)が棲(す)んでおったと。山のふもとの村人が、山へ入って柴刈りや山菜採(さんさいと)りをしていると、どこからともなく…

この昔話を聴く

新米ギツネ(しんまいぎつね)

新米ギツネ(しんまいぎつね) 【岡山県

むかし、ある山ん中の峠(とうげ)にお茶屋があって、お爺(じい)さんとお婆(ばあ)さんが住んでおったそうな。峠を越(こ)す者は誰(だれ)でも、茶を飲(…

この昔話を聴く

一厘銭になった河童(いちりんせんになったかっぱ)

一厘銭になった河童(いちりんせんになったかっぱ) 【和歌山県

むかし、紀伊の国(きいのくに)、今の和歌山県の岩田(いわた)というところに大分限者(おおぶげんしゃ)がおったと。ある年の夏のこと。大分限者の使用人の…

この昔話を聴く

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ)

カンザシをさした河童(かんざしをさしたかっぱ) 【和歌山県

紀州(きしゅう)、今の和歌山県西牟婁郡中辺路町(にしむろぐんなかへじまち)に伝わる話をしようかの。ガイラボシというのを知っているかな。ガイラボシとい…

この昔話を聴く

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ)

寝屋川の三毛猫(ねやがわのみけねこ) 【大阪府

昔、河内(かわち)の国の寝屋川(ねやがわ)の里に、おしん婆さんという、それはそれは猫(ねこ)好きのお婆さんがおったと。はじめは二、三匹だった猫がたち…

この昔話を聴く

狐の嫁入(きつねのよめいり)

狐の嫁入(きつねのよめいり) 【山梨県

むかし、と言っても、つい此(こ)の間(あいだ)。そうさな、五十年ほど前だったろうか。山梨の金山(かなやま)っちゅうところに、炭焼きの爺(じ)さまがお…

この昔話を聴く

偽の汽車(にせのきしゃ)

偽の汽車(にせのきしゃ) 【長野県

むかし、というても、ちょっとむかし。そう、今から六十年前のこと。長野県の篠ノ井(しののい)と塩尻を結ぶ、国鉄、篠ノ井線の話だ。空が曇り、月の見え隠れ…

この昔話を聴く

河童徳利(かっぱどっくり)

河童徳利(かっぱどっくり) 【神奈川県

むかしむかし、相模の国(さがみのくに)、今の神奈川県(かながわけん)茅ケ崎市(ちがさきし)の西久保(にしくぼ)というところに、五郎兵衛爺(ごろべえじ…

この昔話を聴く

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

蛸の脚七本(たこのあしななほん) 【千葉県

むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。ある日のこと、婆さん…

この昔話を聴く

大アワビの怒り(おおあわびのいかり)

大アワビの怒り(おおあわびのいかり) 【千葉県

昔、上総(かずさ)の国(くに)、今の千葉県浪花村(なみはなむら)という海辺の村に伝わるお話。この村の海の沖には、なんと傘を広げたほどの、それは大きな…

この昔話を聴く

狐の嫁入りと爺ンちゃ(きつねのよめいりとじんちゃ)

狐の嫁入りと爺ンちゃ(きつねのよめいりとじんちゃ) 【福島県

むかし、福島県の浜通(はまどう)りにある村に、ひとりの爺(じ)ンちゃが住んであった。お正月も近くなったある日、町へ買い物へ出かけたと。その戻り道(み…

この昔話を聴く

おまん狐(おまんきつね)

おまん狐(おまんきつね) 【福島県

はァ、ちっとばか昔の話じャ。ある山奥に、まわりを峠(とうげ)に囲まれた里があってャ、稲刈りも終って、はァ、北風の吹きはじめる頃だったとョ。馬の背ェで…

この昔話を聴く

牛になった小僧(うしになったこぞう)

牛になった小僧(うしになったこぞう) 【山形県

昔トントのまた昔。あるところに貧乏な家があって、爺(じ)さまと婆さまが暮らしておったと。ある冬の吹雪の夜、「ごめんなんしょ」って、戸を開けて入って来…

この昔話を聴く

蛙の坊さま(かえるのぼうさま)

蛙の坊さま(かえるのぼうさま) 【山形県

昔、あるところに蓮(はす)の葉がいっぱい植(うわ)っている池があって、蛙が一匹おったと。蛙は蓮の葉でお寺を建てて、そこで毎日毎日、ゲエロゲエロとお経…

この昔話を聴く

猿の経立(さるのふったち)

猿の経立(さるのふったち) 【岩手県

むかし、あるところに力の強い樵夫(きこり)がおった。あるとき、樵夫が山へ木を伐(こ)りに行ったら、奥山に巨(お)っきな樹(き)があった。径渡(さしわ…

この昔話を聴く

蜘蛛女(くもおんな)

蜘蛛女(くもおんな) 【岩手県

昔あるどごろに、小間物(こまもの)の行商(あきない)している男がいであったど。ある在郷(ざいごう)を行商して歩(あり)いている内(うち)に、道に迷っ…

この昔話を聴く

火男の話(ひょっとこのはなし)

火男の話(ひょっとこのはなし) 【岩手県

むかし、あるところに爺さまと婆さまがおったそうな。ある日のこと、爺さまは山へ芝刈りにいって、大きな穴をひとつ見つけたと。「こんな穴には悪いものが棲む…

この昔話を聴く

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ) 【秋田県

むかし、あるところにバクチ打ちいたと。毎日、毎日バクチ打ってなんもかも無くなってしまったと。しまいに自分の嬶(かか)を売りに行ったと。して、「何時何…

この昔話を聴く

猫又(ねこまた)

猫又(ねこまた) 【秋田県

猫ってのは古くなると猫又という化け猫になるっちゅな。猫又になると、じゃけんにしていた飼い主には祟(たた)るというし、可愛がってくれた飼い主には祟るよ…

この昔話を聴く

一粒、千粒なあれ(ひとつぶ、せんつぶなあれ)

一粒、千粒なあれ(ひとつぶ、せんつぶなあれ) 【秋田県

むがし、むがし。あるどころに、爺(じ)さと婆(ば)っば居てあったど。爺さ、庭掃いていだけ、一粒(ひとつぶ)の豆、拾ったど。その豆、「一粒の豆、千粒な…

この昔話を聴く

カッパの墓(かっぱのはか)

カッパの墓(かっぱのはか) 【秋田県

カッパの話か?あるな、このあたりにも。そこの雄物川(おものがわ)な、来るときに見たべ。秋田平野を二つに割って流れる秋田一の川だ。その川におるっちゅう…

この昔話を聴く

一軒家の婆(いっけんやのばあ)

一軒家の婆(いっけんやのばあ) 【青森県

むかし、ある村に重兵衛という若者がおったと。ある冬の朝、重兵衛は用事があって、隣りの町へ出かけたと。川っぺりの道を、いくがいくがいくと、行く手の崖(…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子