1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~
  • 企画・制作:東京テレホン放送 総監修:六渡 邦昭
  • 語り:井上 瑤/平辻 朝子 挿絵:かわさき えり

民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

「民話の部屋」は、日本各地に古くから伝わるいろいろな民話を、音声と文章で
お楽しみいただけます。毎週(年末年始を除く)新しいお話を追加していますので、
お子さんと一緒に、ご家族とごゆっくりお過ごしください。

新しいお話

RSS
毎週新しい民話を追加!
719

猫島(ねこじま)

2019年10月16日更新 【兵庫県 /  異界訪問にまつわる昔話】 追加

猫島(ねこじま)
 昔、あるところに五人組の漁師(し)があった。 船長(ふなおさ)、櫓丁(ろちょう)、舵(かじ)取り二人、炊(かしき)の五人。 ある晴れた朝、五人は一艇櫓(いっちょうろ)の船に乗って沖(おき)へ漁へ出た。

この民話を聴く

カマ池の由来(かまいけのゆらい)

2019年10月9日更新 【富山県 /  伝説にまつわる昔話】 追加

カマ池の由来(かまいけのゆらい)
 むかし、越中(えっちゅう)の国、今の富山県にある村に横笛のたいそう上手な若者がおったと。 若者は炭焼きだった。山の中に小屋と窯(かま)を作り、そこに寝泊(ねと)まりしながら炭を焼くのだと。若者はなぐさみに夜毎(よごと)笛を吹(ふ)いていた。

この民話を聴く

小僧の二親(こぞうのふたおや)

2019年10月2日更新 【岡山県 /  賢い子供にまつわる昔話】 追加

小僧の二親(こぞうのふたおや)
 むかし、ある寺に和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんがおったと。 小僧さんはこんまいながらも、夏の暑いときも、冬の寒いときも、毎日、和尚さんより早起きをして寺の本堂と庭を掃除(そうじ)し、その上、食事の支度をしたり日々のこまごました用事までこなすので、和尚さんは大層(たいそう)喜んでおったそうな。

この民話を聴く

ジャンル別にみる

民話の部屋をご利用のお客様へ

  • 語りの演出などにより、民話の語り(音声)と民話の文章表記では、言い回しなどが若干異なる場合があります。
  • 一部民話について、民話の語りの後に「パンの一口メモ」など民話に関係のない音声が流れる場合があります。これはテレホンサービスに使用した当初から付加しているもので、資料的価値および当社の方針により、そのままで使用しております。また、音源が年月を経ているため、お聞き苦しい箇所がある場合がございます。
  • 文中の漢字、カタカナ、句読点などの表記は元原稿に従っており、したがって現状の日本語表記とは適合しない場合があります。
  • 「民話の部屋」ホームページ内の内容を引用、転載、流用を希望される方は、問い合わせフォームより一度ご相談くださいませ。無断でのご使用はご遠慮ください。
  • 上記について、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

都道府県別にみる

テレホン放送のご案内

「とんと昔あったとさ」は、お電話でも民話をお聴きになれます。
お住まいのお近くの地域の電話番号
おかけください。インターネットとは
別のお話を、通話料金のみで
週替わりでお楽しみ頂けます。
(携帯電話からもご利用頂けます)

電話のおかけ間違いにご注意ください。

テレホン放送のご案内