1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. お話一覧
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

(全760話)

ツーツー、カラカラ
NEW

ツーツー、カラカラ 【新潟県

むかし、あるところに古寺があったそうな。 その寺では化物が出て、和尚(おしょう)さまが住んでもすぐに食われてしまうのだと。それで、誰(だれ)も和尚さまの来手が無くなったと。

この昔話を聴く

久米七の妖術(くめしちのようじゅつ)
NEW

久米七の妖術(くめしちのようじゅつ) 【高知県

とんとむかし、土佐(とさ)の窪(くぼ)川の藤(ふじ)の川に、久米七(くめしち)という男がおったそうな。土佐の人ではなく、肥後(ひご)の生まれとか、また、久米(くるめ)の仙(せん)人の生まれかわりとか言われたりして、その正体ははっきりせざったと。

この昔話を聴く

蛇きのこ(へびきのこ)
NEW

蛇きのこ(へびきのこ) 【青森県

むかし、青森県の八甲田山(はっこうださん)の麓(ふもと)にひとりの男が住んであった。 男が山裾(すそ)の道を歩いていたときのこと。

この昔話を聴く

シロネズミ
NEW

シロネズミ 【兵庫県

むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがおったそうな。 あるとき、爺さんが恵比須(えびす)様のお祭りで町へ行ったら、露(ろ)天商人がシロネズミをたくさん売っておった。

この昔話を聴く

和尚手土産(おしょうてみやげ)

和尚手土産(おしょうてみやげ) 【岩手県

むかし、あるところにお寺があって、その門前に貧乏(びんぼう)な夫(とど)と嬶(かか)が暮(く)らしておっだど。 あるとき夫が遠くへ旅に出掛(か)けたど。そして、とある長者どの家さ、金持ちになる弟子にして呉(く)ろと頼(たの)んだど。

この昔話を聴く

竜神様の伝授(りゅうじんさまのでんじゅ)

竜神様の伝授(りゅうじんさまのでんじゅ) 【岩手県

むかし、むかし、あるところにひとりの男があったと。 あと子は畑仕事をするでもなく、毎日、毎日、浜辺(はまべ)に腰(こし)を下ろしては日がな一日海を眺(なが)めていたと。

この昔話を聴く

吉四六さん尻をかかえる(きっちょむさんしりをかかえる)

吉四六さん尻をかかえる(きっちょむさんしりをかかえる) 【大分県

昔、豊後(ぶんご)の国、今の臼杵市野津町大字野津市(うすきしのつまちおおあざのついち)というところに、吉四六(きっちょむ)さんという面白い男がおった。

この昔話を聴く

狐の唐松さん(きつねのからまつさん)

狐の唐松さん(きつねのからまつさん) 【秋田県

昔、あったずぉん。 あるどごに、弥八(やはち)て云(い)う狩人(またぎ)あったけずぉん。 あるどき…

この昔話を聴く

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり)

天道さんの金の鎖(てんとうさんのかねのくさり) 【広島県

むかし、むかし。おっ母(か)さんと、太郎(たろう)と次郎(じろう)と三郎(さぶろう)の三人の子どもがくらしておった。あるとき…

この昔話を聴く

カニと猿(かにとさる)

カニと猿(かにとさる) 【石川県

昔々、あるところにカニがおったと。 カニは馬の足跡(あと)みたいな田んぼに稲(いね)を作ったと。カニは、苗(なえ)に、 「早ようふとらにゃ鋏みきるぞ」 と言うたら…

この昔話を聴く

河童の手紙(かっぱのてがみ)

河童の手紙(かっぱのてがみ) 【山形県

むかし、あるとことに大きな沼(ぬま)があった。 沼の東のはずれに、兄と弟が隣(とな)りあって暮(く)らしてあったと。 兄は、沼のまわりの繁(しげ)り過(す)ぎた木の枝(えだ)を払(はら)ったり…

この昔話を聴く

牛と蛙(うしとかえる)

牛と蛙(うしとかえる) 【山梨県

むかし、あるところに蛙(かえる)の親子が暮(く)らしておった。 ある日、子蛙が川っ端(ぱた)へ遊びに行ったら、一匹(いっぴき)の牛が草を食(は)んでいるのに行き逢(あ)った。

この昔話を聴く

わらしべ王子(わらしべおうじ)

わらしべ王子(わらしべおうじ) 【鹿児島県

むかし、琉球(りゅうきゅう)の那覇(なは)に、母と男の子とが二人で暮(く)らしてあったと。 男の子が七歳(さい)になったとき、母は死の病(やまい)にかかったそうな。

この昔話を聴く

蛇息子(へびむすこ)

蛇息子(へびむすこ) 【静岡県

むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮(く)らしてあった。 爺さんと婆さんには子供(ども)がなかった。 二人はことある毎(ごと)に「子供が欲(ほ)しい、子供が欲しい」と言うていた

この昔話を聴く

利口と阿呆(りこうとあほう)

利口と阿呆(りこうとあほう) 【高知県

とんと昔あったっつうわ。 昔、あるところに、家が隣(とな)りあってあったと。一軒(けん)の家は夫婦喧嘩(ふうふげんか)が絶(た)えない家で、もう一軒は夫婦喧嘩の無い家だったと。

この昔話を聴く

ながし、みじかし

ながし、みじかし 【宮崎県

むかし、あるところに母と三人の娘(むすめ)とが住んでおったと。 あるとき、隣(となり)からボタ餅(もち)をもろうた。 ちょうどお昼どきだったので娘たちは早く食べたくてならない。めいめい皿を持ってチャブ台に集まった。

この昔話を聴く

蛇鱗嫁(へびうろこよめ)

蛇鱗嫁(へびうろこよめ) 【秋田県

むかし、あるところに大きな酒屋があったと。 酒屋には一人娘(むすめ)がいて、顔は目も覚めるほどの美しさなのに、手足は蛇(へび)そっくりの肌で蛇鱗(うろこ)がびっしり着いてあったと。

この昔話を聴く

猿の婿どの(さるのむこどの)

猿の婿どの(さるのむこどの) 【熊本県

むかし、むかし、あるところに爺(じい)さんがあったと。爺さんには娘(むすめ)が三人あったと。 ある日爺さんは牛蒡(ごぼう)を掘(ほ)りに行った。ところが牛蒡はひとつも掘れない。どうしようかと思うていたら、猿(さる)がやってきて…

この昔話を聴く

狐の仇討(きつねのあだうち)

狐の仇討(きつねのあだうち) 【山口県

むかし、ある村に藤六(とうろく)という百姓(ひゃくしょう)がおったと。 ある日のこと、藤六が旅から村に帰って来る途(と)中、村はずれの地蔵(じぞう)堂のかげで、一匹の狐(きつね)が昼寝(ね)しているのを見つけた。

この昔話を聴く

五平の鉄砲(ごへいのてっぽう)

五平の鉄砲(ごへいのてっぽう) 【高知県

むかし、土佐藩(はん)のお抱(かか)え鉄砲鍛冶(てっぽうかじ)に五平という人がおったそうな。 五平の鉄砲は丈夫(じょうぶ)な作りと重量感で、今でもよう知られちょる。 ところで北川村の島という所に、その五平の作った鉄砲を持った猟師(りょうし)が住んじょった。

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦ください。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
百物語」の感想

良い意味で裏切られました!( 50代 / 男性 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

いろんなお話が聞けて、楽しい

楽しい
雷の約束」の感想

面白かった!( 10歳未満 / 女性 )

もっと表示する
楽しい
屁っぴり嫁ご」の感想

子どもの頃読んで、あっけらかんとしたタイトルと女性が屋根の吹き飛ぶほどのおならをする、という強烈な物語が記憶に残っていました。嫁入り先に富をもたらしたことは覚えていませんでしたが(笑) お嫁さんも婿さんも、恥じらいと思いやりがあってほのぼのとしますね。 記憶にあるオチは、婿さんがお嫁さんのために屁っこき専用の小屋を建ててあげて、以来「へや」と呼ぶようになった、というものでした。どっとはらい( 40代 / 女性 )

楽しい
骨をかじる男」の感想

普通は「ここだあ」で階段が終わって、そのあと「戦前には、死体の骨を食べると、結核が治るっていう、迷信があったんだ」と付け加えるです。( 50代 / 男性 )

驚き
久米七の妖術」の感想

ほんとうに久米七みたいな人が存在するのでしょうか?!( 10歳未満 / 男性 )

悲しい
偽の汽車」の感想

産業や交通の発展は、信州の土地を経済的に豊かにしました。しかし、その裏には人知れず犠牲を強いられた人々や自然の営みがあったことを忘れてはいけません。この悲しい狐の話は、それを象徴している気がします…。( 20代 / 男性 )

驚き
シロネズミ」の感想

白ネズミが黒ねずみだったのがびっくりした( 50代 )

悲しい
蛇きのこ」の感想

蛇がかわいそう( 10代 / 男性 )

驚き
蛇きのこ」の感想

へびが、キノコになるなんてびっくり。あんなやり方でできるのかなぁ。どういうことかなぁ。本当に、かたつむりは、キノコを食べるのかなぁ?( 40代 / 男性 )